Dの意志~ダイエット情報館~

絶対にやってはいけない下剤ダイエット!危険性と副作用・効果!

Pocket
LINEで送る

絶対にやってはいけない下剤ダイエット












一見ダイエットに有効そうな下剤ですが、実はダイエット効果が全くないばかりか体を害する危険性があります。

ここでは、間違って下剤ダイエットを行わないようにその危険性や副作用について紹介します。
絶対にやってはいけないダイエット法ですので、痩せる目的で使用するのはやめましょう。



スポンサーリンク



下剤とダイエットの関係・効果は全くない?


下剤ダイエットはとても危険なのものとして有名です。
その下剤ダイエットの効果を見ていきたいと思います。

中身が出ているだけ
飲んで初めのうちは痩せたように感じますが、実際には下剤を飲むことで体内に溜まっていた便と、下痢によって水分が全部外に出ただけです。
食べたものは最大で3日くらいからだの中にとどまっていますが、それも全部出てしまいます。
下痢で水分が全部出てしまうのでむくみは解消してしまうことで見た目も体重も落ちたように感じてしまうでしょうが、それは痩せていると言いません
痩せていなくてやつれているだけ、になってしまいます。
栄養が吸収できないことで体が弱ってやつれていってしまいます

体力がなくなり、下剤がないと生きられなくなる
栄養を吸収する前に出してしまおうとするというのはどういうことかというと、肌はガサガサ、髪の毛はパサパサ、爪はボロボロ、という見た目の問題だけでなく、体力がなくなってしまい、普段の生活にも支障をきたすことになります。
そして、下剤がないと生きていけなくなります。
下剤を使っているうちに体が下剤に慣れてしまって痩せる効き目がなくなってしまいます。
その結果、毎日飲むような状態に陥ってしまい、そういう状態ではもう正常な排泄ができなくなってしまいます。
そのせいでまた下剤に頼ることになる悪循環に陥ってしまいます。


絶対にやってはいけない下剤ダイエット1


下剤の危険性と副作用


ただでさえ危険な下剤ダイエットですが、薬を使用しているダイエット方法になりますので、必ずと言っていいほど副作用が存在しています。
下剤の副作用で一番多いのが脱水症状になります。

通常の排泄とは違い、下剤を服用していると下痢になってしまいます。
下痢は水分も一緒に排泄されてしまうので、下痢が続くだけでも体に必要としている水分まで出て行ってしまいます。

そのため脱水症状が出てしまい、倒れてしまうなどの大変な結果が待っています。
そして、慢性的な腸の機能低下も副作用として考えられます。

下剤は、整腸剤と違い、腸を活発にしているわけではなく、強制的に腸の機能を高めて排泄されています。
強制的になにかしようとすると、今度は機能低下をしてきてしまいますので、慢性的に腸の機能が低下をしてすぐ便秘になります。

かなり悪い状態になるのが下剤なので、ダイエットとして使用しないことが一番なので、万が一の時だけ下剤を使用するようにしましょう。



下剤使用時の注意点


結論からいうと、下剤ダイエットは非常に危険です。
健康面でのリスクがとてもたかく、全くおすすめできるものではありません。

まず、下剤利用時について注意すべきことについて、先程も少しお話しましたが、脱水症状が挙げられます。
下剤というものは薬です。便秘や硬い便で悩んでいる人が、一時的に症状を和らげるために使ういわゆる便秘薬の一つです。

薬なので。当然副作用があります。
もちろん通常の利用作用であれば、脱水症状が起きることはありません。

まとめ

何度も言いますが、下剤ダイエットは非常に危険なダイエットなのでおすすめはしません。

むしろ、絶対にやってはいけない危険なダイエット法として紹介させていただきました。
体を大事にするならこのダイエットはやめてくださいね。




スポンサーリンク





Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly
カロリーゼロ食品でも太る!?
カロリーゼロ
五感コントロールで食欲を抑える
五感コントロールで食欲を抑える