Dの意志~ダイエット情報館~

ホットヨーグルトで乳酸菌が活発になる温度とダイエット効果とは?

LINEで送る
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

ホットヨーグルト 効果

最近話題になっているホットヨーグルトをご存知でしょうか。

文字通りヨーグルトを温めただけなのですが、それだけでダイエット効果がグンと上がるんだとか。

美味しく飲めて手軽にできるため、なかなか長続きできないというダイエッターの方にもおすすめです。



スポンサーリンク




ホットヨーグルトのダイエット効果とは?

ヨーグルトには乳酸菌が含まれており、それを摂取することによって腸内環境が整えられます。

腸内環境が改善されると腸のはたらきが活発になって、便秘の改善に繋がります。

便秘の状態は、代謝が悪くなり余分な脂肪も付きやすくなるため、ダイエットの天敵とも言われています。

便秘を解消するだけでもダイエットの効率が高まり、痩せやすい体質へと変わります。
便秘はダイエットを非効率に!便秘がもたらす健康障害と解消法!


ホットヨーグルト


そしてこの乳酸菌ですが、冷蔵庫に入れたままの温度だとなかなか動きません。

適温として、38~40℃に温めると動きが活発になり、効果が上がります。

そのため普段食べているものよりもホットヨーグルトの方がダイエットに良いと言われているようです。
SNSでも話題のダイエットシェイク!効果を上げる飲み方とオススメは?

ホットヨーグルトの食べ方は?

ホットヨーグルトを作るには、普段食べているヨーグルトを電子レンジで約1分加熱するだけ。

始めは違和感があるかもしれませんが、徐々に慣れてきておいしく感じるようになりますよ。

ここでの注意は、ヨーグルトはプレーンタイプを使うこと

そうしないと糖分の摂り過ぎでダイエットに悪影響が出てくるかもしれません。


ホットヨーグルト


食べる量はだいたい200gが理想的とされていて、ダイエット効果を得たいのであれば夕食に食べるのがオススメ。

夕食を腹5分目ぐらいにして、その後ホットヨーグルトでおなかを満たします。

体も温まるので、冷え性の方にはピッタリですね。

作り方も簡単なので、便秘が気になるという方は朝食のときに食べるのもいいかもしれません。

ドライフルーツやグラノーラなどと合わせて食べるとよりおいしくいただけますよ。
ダイエット中におすすめの朝食!簡単で継続しやすいメニューは?

普段食べているヨーグルトを温めるだけでダイエット効果が上がるなんて手軽でいいですよね。

寒い時期などには、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
無理なく3ヶ月で10キロ痩せる方法!有効な食事管理と運動法とは





スポンサーリンク




LINEで送る
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly
カロリーゼロ食品でも太る!?
カロリーゼロ
五感コントロールで食欲を抑える
五感コントロールで食欲を抑える