Dの意志~ダイエット情報館~

正しい姿勢はダイエットに効果的!姿勢タイプのチェック方法と治し方

Pocket
LINEで送る

姿勢とダイエット1












姿勢を正す事は、健康に効果が高い事はもちろんですが
ダイエットでも、運動なしでくびれを作れるなど、凄い効果があるんです。

その気になる効果など詳しくご紹介していきます。



スポンサーリンク


姿勢の効果は?


普段から猫背の方も多いと思いますが、正しい姿勢でいると
①スタイルが良く見える。
②正しい姿勢は腹筋に負荷がかかるので、お腹や背筋を鍛えられる。
③毎日正しい姿勢でいる事で、基礎代謝が高まり筋力アップに繋がる。
④便秘の解消。などの効果があります。


逆に姿勢が悪いと、腹部の筋力低下、それにより皮下脂肪の蓄積
骨場の歪みなどを引き起こす原因となります。


猫背は太りやすい?


現代人には猫背が多いですが、猫背は骨の歪みや脂肪がつく原因となります。
人の体は肋骨や内臓が身体の前側にある為、常に前方に重みがかかっている事から
猫背が自然と楽な姿勢になります。

しかし楽という事は、それだけ筋肉も使われていないという事になりますので
筋肉を使用しない事で代謝が悪くなり太りやすくなります。

また、リンパ管の動きも低下し、老廃物がたまりやすくなってしまうので
より代謝が落ちてしまい、脂肪を溜め込む体を作ってしまいます。



反り腰とは?


姿勢で真っ先に思いうかぶのは猫背ですが、実は猫背の次に多いのが反り腰です。
反り腰は、一見正しい姿勢に見えますが、腰が反り過ぎているので正しい姿勢ではありません。

反り腰は、下腹部が前に突き出される状態となる為
ぽっこりお腹やお尻の垂れ下がり、横に広がる原因となります。

また、重心が後ろにかかっている状態なので
腰痛や股関節痛や坐骨神経痛などを引き起こす原因にもなります。


姿勢とダイエット


姿勢タイプのチェック方法


猫背や反り腰といった姿勢の他にも、いくつかの姿勢があります。
ご自身がどのタイプの姿勢かをチェックする方法をご紹介します。

壁に背中をつけた状態で立ち、腰と壁の間に手の平を入れて下さい。
腰と壁の間に手は入りましたか?
入った場合どれくら入りましたか?

【結果】
正しい姿勢→片手の平だけ入る。
反り腰や猫背→手の平2つ分入る。
平背→手の平が入らない。
縮み姿勢→片手の平分しか入らないけど、壁際に立った際両肩がつかない。
アンバランス→片手の平しか入らないけど、正面から見た際左右が非対称。

反り腰や猫背は上記でご紹介させて頂いておりますので
そちらの項目を参考にして頂ければと思います。

平背タイプの特徴

頭が前に出ており、脊髄の自然なカーブがない為、腰に大きな負担がかかります。
このままでいると、骨盤の後傾や下腹部の筋肉が縮む原因となります。

縮み姿勢タイプの特徴

頭や骨盤が前に出ており、上半身が後ろに傾いています。
膝に体重をのせているので疲れがたまりやい。
このままでいると、お尻の垂れ下がりや膝の痛み、心肺機能に影響を及ぼします。

アンバランスタイプの特徴

左右のバランスが崩れている状態なので
顔やバストが左右非対称になっている為、見た目で直ぐ分かります。
片脚に体重をかける事が多い為、脊柱が複雑に歪んでしまっています。
このままでいると、お尻の外側の疲れや、酷い肩こりに悩まされます。


正しい姿勢の作り方


壁を使って簡単に正しい姿勢の作れる方法をご紹介します。

壁に背中、後頭部、肩甲骨、お尻、踵をつけた状態で立ちます。
この時腰の後ろに、片手の平が入る分くらいの隙間があるのが正しい姿勢です。

正しい姿勢のポイント
軽く顎をひき、背筋、膝は真っ直ぐ伸ばし
胸をはるのではなく、肩甲骨の下の方を張るイメージで、重心は両方の足に乗せる事です。

自宅に全身鏡をお持ちの方は、鏡も活用するといいでしょう。
慣れるまでは難しいですが、慣れてしまえば楽になりますので頑張って下さいね。




スポンサーリンク





Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly
カロリーゼロ食品でも太る!?
カロリーゼロ
五感コントロールで食欲を抑える
五感コントロールで食欲を抑える