アイソメトリック運動で腹筋強化!部分痩せ効果でダイエットにも!

アイソメトリクス 効果

アイソメトリックは場所や時間を選ばず、また、道具などもいらないダイエット法。

手軽に挑戦でき、大汗をかくことなく筋力アップが望め、体を引き締める事が出来るので、女性の間では人気の筋力トレーニング法となっています。

スポンサーリンク


アイソメトリックってどんな運動?

アイソメトリック

アイソメトリックとは、静的筋力トレーニングとも呼ばれている筋力トレーニングの一つです。

静的トレーニングは、ほぼ同じ姿勢のまま筋肉を緊張させる事を言います。

言い換えると、筋肉の長さを変えずに力を加える事です。

例えば、壁に向かって、押し続ける姿勢をとります。

この時、壁は一切動きませんが押している人は一生懸命壁を押している(圧力をかけている)のでその分、筋力を使い運動している事になります。

この様なトレーニング法をアイソメトリックと言います。

また、一般的な筋トレとは違いアイソメトリックは、関節への負担も少なく、たるんでいる筋線維を強くし、二の腕などのぷよぷよした部分を引き締める効果がありますので部分痩せに向いています

アイソメトリック運動のダイエット効果

アイソメトリック運動

筋力を付けることで、たるんだ二の腕などを引き締めることができますが、減量効果もあります。

その仕組みは、筋肉量が上がることで基礎代謝も上がるという事。

基礎代謝を簡単に説明すると、何もしなくても消費されるエネルギーの事を指します。

基礎代謝量が上がるという事は、1日の消費カロリーも増えるので、カロリー過多による肥満を防止することができます。

つまり、筋力を付けることで太りにくい体質になるという事です。

そのためにも、アイソメトリック運動で筋力を付けることは、部分痩せだけでなく、基礎代謝量が上がり、結果的に減量にもつながります。
運動前に脂肪燃焼サプリメントを飲めば効果倍増!?基礎代謝upで効率化!

アイソメトリックのやり方

それでは、アイソメトリック運動の基本的な方法を紹介します。
基本は同じ大勢をキープしながら行う運動です。

鍛えたい部分(痩せたい部分)に60~70%の力を込め、そのまま10秒間キープします。

体勢を維持している間は、呼吸を止めず筋肉を意識しながらしましょう。

注意として、呼吸を止めると血圧が上がりやすいので高血圧の人は気を付けましょう。

こちらの動画では、腹筋など比較的全身に負荷がかかる方法を紹介しています。

力を加えるのではなく、支えるだけなので、簡単に行うことができます。

まずは、動画のような方法で慣らしていくのもいいかもしれません。

部分痩せ効果

アイソメトリック

部分痩せができる具体的な方法は、以下の通りです。
慣れないうちは筋肉痛になる可能性があるので、最初は無理のない程度で行うようにしてください。

二の腕
①背筋をまっすぐにして椅子に座ります。
②両手を地面と水平に胸の前へ伸ばします。
③腕を地面と水平に伸ばした状態で、手のひら同士を合わせ
 腕全体を押し付けるように筋肉に負荷を掛けたまま10秒キープします。
※この時、効いていると感じるくらいがベスト。
④そのまま、腰を右に捻り10秒キープ。
⑤左に捻り同じく10秒キープします。
これだけで二の腕が引き締められる他、バストアップの効果も得られます。

太もも
①椅子に座り、膝同士をくっつけます。
②膝の間に、紙や本を挟み、それを落とさないように膝同士をくっつけます。
③そのまま10秒間キープします。
これを繰り返すだけで、太ももに隙間がうまれます。

腹筋
①お腹に力を入れ引っ込めます。
②できるだけお腹が出ないようにしながら呼吸します。
これだけですが、2~3週間するだけで体のラインが変わってきます。

お腹周りの引き締めを女性でも簡単にできる筋トレや器具は?

どの運動も、思い出したら直ぐする事で癖がつき、気づけば「!」というようなボディラインになっていますので、ぜひ日常的に取り入れて理想の体型を作って下さいね。
つまむだけダイエットで気になるところを部分痩せ!

アイソメトリック運動総評

アイソメトリックは、気になる部分を集中的に行えるのもメリットの一つです。

また、有酸素運動に比べて楽に行えて、自宅で手軽に実践できるのも良いですね。

効果が現れるまでには、ある程度の期間が必要ですが、しっかりと継続していけば部分痩せが可能な上、筋肉が付いてくるので基礎代謝量もアップし、痩せやすい体質も目指すことができます。

ぜひアイソメトリック運動を習慣化してダイエットに挑戦してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする