低インシュリンダイエットの方法とGI値とは-血糖値の低い食品は?

低インシュリンダイエット

最近注目されている低インシュリンダイエット

以前まではカロリーカットがダイエットの定番でしたが、カロリー制限をし過ぎると体に良くないということで、最近は低インシュリンダイエットが話題になっているそうです。

スポンサーリンク


低インシュリンダイエットとは?

まず、インシュリンとは肥満を促すホルモンのことを指します。

インシュリンが過剰に分泌されると、糖が細胞に運び込まれるため肥満に繋がってしまいます。

これはできれば避けたいですよね。

そこで大切なのが血糖値の急上昇を防ぐことです。

それにはインシュリンの分泌を少なくするための食材を摂ることが重要です。

低インシュリンダイエットでは、このインシュリンの分泌を抑える食材を意識的に食べてダイエットをおこないます。

どのような食材を食べるべきかは、GI値(グリセミック・インデックス値)というブドウ糖を100にしたときの血糖上昇率を示した値を参考にして決めていきます。

低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエットにオススメの食材は?

GI値を下げる効果があるとされている食材は主に食物繊維・乳製品・豆類です。

普段野菜を食べないという方は、食物繊維がたくさん入った野菜でつくったサラダを食事にプラスしてみてはいかがでしょうか。

朝食にヨーグルトを食べるのもいいですね。

「お肉は食べられるの?」とお思いの方もいるかもしれませんが、脂肪が少なく赤身のものであれば食べても大丈夫です。

脂肪分の少ない鶏肉を食べることをオススメします。

また甘いものは控え、どうしても食べたくなったときは果物やドライフルーツを食べるようにしましょう。

炭水化物はあまりおすすめできませんが、食べる際には野菜や酢の物と一緒に食べると血糖値の急上昇を抑えることができます

低インシュリンダイエットはカロリー制限をしなくてもいいので、思っているよりも簡単におこなうことができるかもしれません。

お肉やフルーツも食べることができるので、ストレス無く痩せたい!という方にはいいですね。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする