Dの意志~ダイエット情報館~

ダイエッター要チェック☆
スルスル酵素を実践した本音と口コミ!4つの効果的な飲み方とは?

>>今月のおすすめダイエット!<<



デブ菌を減らして痩せ菌を増やす【プレミアムスリムビオ】

背中の贅肉は後姿でバレる!?原因と効果的な落とし方!

背中の贅肉の落とし方1












お腹や二の腕、太腿など、露出する部分をダイエットする方は多いですが
背中など、服で隠れる部分は、気にする人が少ないですよね。

でも背中のお肉は、服を着ていても分かってしまうんです!

それに女性が憧れる「くびれ」を作るにも
背中のお肉を落とす必要があります。

しかし、背中の贅肉は一度つくと
なかなか落とせないお肉でもあります。

そこで今回は、厄介な背中の贅肉を簡単に落とし方をご紹介します。


スポンサーリンク


背中の贅肉の原因は?


まずは、背中につく贅肉の原因を把握しましょう。

年齢によるもの
運動不足
姿勢が悪い


年齢によるもの
年齢が上がるにつれ、基礎代謝の低下により
背中の贅肉に限らず脂肪がつきやすくなってしまいます。

運動不足
いくら若いからといっても、日頃運動不足の方は要注意!
運動不足=筋力の低下を招き、基礎代謝が下がってしまいます。

逆に年齢を重ねられている方でも
日頃から運動やストレッチをされている方は
背中に贅肉がつきにくいです。

姿勢が悪い
猫背でいる事で、常時背中が曲がった状態になっている為
背中へ脂肪がつきやすくなります。

また、猫背は背中だけに限らず
お腹や腰回りにも脂肪をつきやすくする為
姿勢が悪いというだけで、太りやすくなってしまいます。


背中の贅肉の落とし方は?


背筋を鍛えてあげる事が一番の近道です。

背筋を鍛える事で

姿勢が良くなる(=若く見える)
基礎代謝が上がる(=脂肪燃焼が促進される)

などの効果を得る事が出来るからです。


背中の贅肉の落とし方2


背筋を鍛える方法は?


背筋を鍛える方法として

肩甲骨を閉める
肩甲骨ストレッチ
筋トレ
エクササイズ


などが挙げられます。

肩甲骨を閉める
両腕を顔の高さまで上げ、手のひらを上に向けます。
肘を90度に曲げ、後ろに引き寄せ、肩甲骨を下げます。
背骨に近いところまで、肩甲骨を寄せたら、そのまま5秒維持します。

これを1日10回繰り返しましょう。

肩甲骨ストレッチ
両手に肩を置き、肘を前後に5回ずつ回します。
両手を腰にあて、肩を思いっきり上げ、そのまま息を吸いながら3秒維持します。
3秒かけ、ゆっくり息を吐きながら、今度は肩を思いっきり下げます。

筋トレ
床にうつ伏せになります。
ゆっくり上半身→下半身の順に、上に持ち上げ、2秒ほどかけて床に下していきます。

これを15回繰り返し、15回目の時だけ、2秒ではなく15秒に変えましょう。

エクササイズ

両足を肩幅程度まで開き、両手を後ろで組みます(手を繋ぐ感じです)
ゆっくり鼻から息を吸い、口から少しずつ吐きながら、組んだ腕を持ち上げていきます。
背中の筋肉が動いているのを感じたとろこで停止。そのまま10秒待ちます。
鼻から息をしながら、腕を元の位置に戻します。

これを10回繰り返しましょう。


効果をあげるには?


姿勢を正す
猫背にならない
椅子にもたれない


の3点に気を付けるといいでしょう。

日頃から美しい姿勢でいるだけで、背筋が鍛えられますので
より効果を上げる事が出来ます。

美しい背中で、見た目もスッキリ
女性らしい体を手に入れて下さいね!


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly
カロリーゼロ食品でも太る!?
カロリーゼロ
五感コントロールで食欲を抑える
五感コントロールで食欲を抑える