チアシードは手軽な食べ方でダイエット効果抜群!厚生労働省が推奨する驚きの栄養価!

チアシード

セレブ達の間で大ヒットし日本でもダイエット効果が話題となり、モデルを中心に人気沸騰中チアシードダイエット

スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1160340469906546"
data-ad-slot="1189814439"
data-ad-format="auto">



チアシードとは?栄養価が凄すぎる!

チアシードは、南米原産の食材で見た目は黒ゴマのようなもので、バジルやローズマリーといったハーブと同じシソ科の植物でチアの種子です。

古代、マヤ・アステカ時代から食べられていたとされ、人の生命維持にはチアシードと水があえれば足りると言われているだけあって豊富な栄養価を含んでいます。

その栄養価は自然界トップクラスとまで言われており、タンパク質・ミネラル(カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛など)ビタミンB・食物繊維・オメガ3脂肪酸などです。

なかでもオメガ3脂肪酸は、私たちの人体では作る事のできない必須脂肪酸ですが、血流改善・生活習慣病予防・脂肪燃焼・アンチエイジングの効果があります。

また、私たちに必要な必須アミノ酸は9種類ありますが、チアシードには、その内8種類も含んでいます。

チアシード大さじ1杯強摂るだけで厚生労働省が推奨する1日の摂取基準を満たす事が出来るというアメリカでは栄養補助食品としても認められている食材なんです。

モデルや海外セレブに大人気!そのきっかけは?

チアシード
チアシード簡単に摂取できる上、その豊富な栄養価のおかげで海外のスーパーモデル、ミランダー・カーをきっかけに大人気となりました。

大さじ1杯強を、他の食材などに混ぜて摂れる手軽さに美容・ダイエット・健康面での抜群の効果があります。

日本では、その効果が口コミで評判となりモデルのローラさんや女優の藤原紀香さんなど、多くの美人が愛用しています。

また、数々のメディアでも取り上げられた事で、2015年に流行するダイエットとしても有名になりました。
とろろ昆布の驚きの栄養価がダイエッターの間で話題に!

食べ方は?おすすめの食べ合せやレシピ

チアシードは、水を含むとゼリー状のように膨らみますので、調理する事無くそのまま食べれます

そのまま水に混ぜて飲むだけや、ヨーグルトに混ぜるなど色々ありますが、こちらでは簡単に出来るおすすめレシピをご紹介します。

チアシードプリン

チアシードプリン

材料
ココナッツミルクかアーモンドミルク(なければ牛乳)1cup
ブルーベリーなどのベリー系 3/4cup
チアシート 大さじ2
ハチミツ(砂糖でも) 5~6滴
作り方
ココナッツミルクにチアシードを混ぜて15分程置きます。
(冷蔵庫で最低6時間は保存しましょう)
ハチミツを混ぜ、ベリーを飾れば出来上がりです。
普通のプリンと違い、朝ご飯としても食べれますよ。


チアシードジャム

チアシードジャム

材料
イチゴ 1cup
チアシード 大さじ1
ぬるま湯 大さじ1
ハチミツ(砂糖でも) 大さじ1
レモンジュース 大さじ1
作り方
全ての材料をミキサーに入れて混ぜ、瓶や容器などに移して
冷蔵庫で1時間置けば完成です。
普通のジャムとは違い煮詰めたりする手間もなく簡単に出来るのでいいですね。


シンプルに、シリアルやサラダにかけて食べるだけや、ジュースに混ぜる。

料理としては、フライの衣代わりに使ったりと何でも使えるチアシード

またスムージーに混ぜたりも出来ますので、皆さんも色々試してみて下さいね。

ホットヨーグルトで乳酸菌が活発になる温度とダイエット効果とは?

副作用はある?危険性や注意点は?

チアシードの気になる副作用ですが、天然の食材の為、アレルギー体質の方には体質に合わず体調不良になる事も考えられます。

ただ、今のところ、症状が出たという事例はないようです。

そして、危険性や注意点ですが、一時カビが発生したとなりましたが、こちらに関しては衛星管理が行き届かず発生してしまったという事であり、チアシードそのものに問題があったわけではありませんでした。

また、チアシードがいくら栄養価が高いからと言って食べ過ぎると、逆に下痢になってしまうので必ず1日3食+チアシードといったように、規定の量を守ってバランスよく食べて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする