Dの意志~ダイエット情報館~

ダイエット中におすすめの間食食材5選!注意点と食べる時間は?

LINEで送る
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks














ダイエット中の間食はいけないと分かりつつやめれませんよね。

そんな方にオススメの間食をご紹介します!

間食を選ぶポイントは?

・満腹感を得られるもの。
・低カロリー(100kcal前後)
・噛みごたえのあるもの


以上3点が間食を選ぶ上でポイントになります。

せっかくダイエットしていても間食で太ってしまっては意味がありません。

やめれられない間食でも、間食する物を変えたり時間を守るだけで、やめる必要がなくなりますので、ポイントを守って間食しましょう!



スルメ(あたりめ)

個人的に一番オススメしたいのが「スルメ(あたりめ)」です。

とても硬いので、かなり噛む必要があります。

その為、満腹中枢を刺激され食べ終わる頃には満足していたりします。

ただスルメ自体はカロリーが高いものでもありますので食べ過ぎは禁物です。

1切れ~2切れに留めるようにしましょう。

ヨーグルト

腸の働きも促進してくれるので、便秘でお悩みの方には特にオススメです。

ただし加糖ヨーグルトは太りますので、必ず無糖ヨーグルトを選びましょう。

無糖だと食べにくいといった方は、オリゴ糖を大さじ1杯程度混ぜる。

もしくは少量のドライフルーツを混ぜられるといいでしょう。

寒天

寒天は皆さんご存知の低カロリー食品ですね!

食物繊維も豊富に含まれている上、満腹感も得やすい食材です。

ところてんや寒天ゼリーなどを食べられるといいでしょう。

寒天おやつは、自分で作る事も出来ますので節約にも繋がるのでオススメです。

市販品や自家製にしても糖分の量には気を付けて下さいね。

ソイジョイ

ソイジョイは血糖値が上がりにくく、腹持ちの良い低GI食品で出来ています。

味の種類も豊富なので飽きる心配がないのも嬉しいですね。

カロリーコントロール品も出ていたりと、ダイエッターには心強い味方です。

ただ市販品なので、1日1本とすると、そこそこお財布に響く点が、唯一の難点といったところです。

ガム

ガムといっても、普通のガムでは意味がありません。

糖分の入っていないシュガーレスガムを食べるようにしましょう。

ガム=噛むなので、満足感を得られますよ。

ただし、食べ過ぎはお腹が緩んでしまう可能性がありますので、1日に摂る量は少量にするようにしましょう。

最後に

間食する時間を14時~16時の間にする。

食事の1時間前は間食はしない

といった点を守る事で、より効果的になりますので頑張ってみて下さいね!



スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly
カロリーゼロ食品でも太る!?
カロリーゼロ
五感コントロールで食欲を抑える
五感コントロールで食欲を抑える