コーヒーにまさかのダイエット効果が!?飲み方と注意点は?

日常的に飲む方も多いコーヒー。

飲むと不思議とリラックスができたり、コーヒーの香りを楽しんだりと色々な楽しみ方を出来るコーヒーですが、そんなコーヒーの飲み方次第でダイエットできる事をご存知ですか?

コーヒー好きな方にはピッタリなコーヒーを使ったダイエット法をご紹介します。

スポンサーリンク


コーヒーダイエットとは?

その名の通り、コーヒーを飲むだけといった簡単なものです。

しかし、コーヒーダイエットの効果は飲み方によって変わってしまうので、ダイエットを成功させるには、飲み方がキーポイントとなります。

コーヒーの特性とどんなタイミングで飲むのがベストなのかを知り、ご自身の生活に取り入れていくと効率的にダイエットができます。

コーヒーのダイエット効果

まずはコーヒーから得られる効能を知っておきましょう。

よく聞くカフェイン以外にも特殊な成分があり、ダイエットをサポートしてくれます。

コーヒーには以下の効果があります。

・脂肪燃焼
・冷え性改善
・浮腫み解消
・ストレス発散

コーヒーには、クロロゲン酸とカフェインが含まれていますが、このクロロゲン酸とカフェインには、脂肪の燃焼を高める効果がある為、脂肪を燃焼しやすくなります

また、カフェインには、脂肪を燃焼する効果の他に、血行をよくする働きがあります。
飲むだけで代謝が高められ、冷えや浮腫みなどの解消を行ってくれます。
基礎代謝の計算方法と基準値!代謝を上げる食事や運動とは?

コーヒーを飲むポイント

コーヒーダイエットで用意する物はコーヒーのみですが

ドリップタイプ、インスタント、缶コーヒー

によって、飲み方などが多少変わりますので、お好きなものを選んだら以下のポイントに気を付けましょう。

ドリップタイプ
浅煎りの豆を用意します。
80度前後のお湯でコーヒーを作りましょう。
(熱湯で作ると、クロロゲン酸が壊れてしまうので、必ず温度は守って下さい)

出来れば「ブラック」で飲むの方がカロリーも低いのですが、苦手な方は「微糖」にされるといいでしょう。

インスタント
ドリップタイプ同様、80度前後のお湯で作るようにしましょう。
こちらも「ブラック」で飲むのがオススメですが、苦手な方は「微糖」にするといいでしょう。

缶コーヒー
缶コーヒーを飲まれれる方は、元々「糖分」が多く含まれていますので必ず「ブラック」にして下さい。

飲むタイミング

コーヒー ダイエット

どのコーヒーでも同じですが、朝食や昼食の食後に飲むと効果的
(寝る前に飲むのはやめましょう)

カフェインの効果は飲んでから2時間ほど継続してくれますので、日頃運動する習慣がない方ほど、通勤など少しの運動に合わせて飲まれるといいですね。

また、本格的に有酸素運動などを取り入れている方は、運動開始の30分程前に飲んでおくと、クロロゲン酸とカフェインによる脂肪燃焼効果が高まりますので、効率的に実践できます。

ダイエット専用のコーヒーもある!?

コーヒーに含まれるクロロゲン酸とカフェインは、脂肪燃焼効果を高めるということでダイエットにも有効

この特性を活かしてダイエットに特化したドリンクサプリが人気となっています。

【エクササイズコーヒー】



一般的なコーヒーよりもクロロゲン酸の量を増やし、L-カルニチンを配合することで、さらに脂肪燃焼効果を高めたコーヒーがエクササイズコーヒーです。

美容成分で有名なコエンザイムQ10も配合されているので、老化防止となる抗酸化作用も働いてくれます。

このような栄養成分をプラスしてるのに、1杯あたり缶コーヒーよりも安い値段で飲むことができるので、非常にコスパが良いですね。

もともと毎日コーヒーを飲んでいるという方は、エクササイズコーヒーに切り替えてみてはいかがでしょうか。

気になる味や効果についての口コミや商品の詳しい内容については、こちらの記事でも紹介していますので、チェックしてみて下さい。
エクササイズコーヒーの口コミと効果を検証!習慣化のメリットは?

コーヒーダイエットの注意点

コーヒーを飲むだけでダイエットの効率を高めるという点で大きなメリットとなりますが、注意点もありますので、闇雲に飲んではいけません。

当然ですが「砂糖」や「クリーム」を混ぜるとカロリーが上がってしまうので、ダイエットには不向きになります。
せっかく脂肪燃焼効果を上げても摂取カロリーを増やしてしまえば本末転倒ですね。

また、ラテやフラペチーノなどの甘いコーヒーも同様の理由でダイエットには向いていません。

ベストなのはブラックですが微糖程度なら効果も変わりませんので、砂糖入りにしても「微糖」程度に留めるようにしましょう。

また、コーヒーは利尿作用が強い為、コーヒーで水分補給せずに、お水など別のもので水分補給するようにしましょう。

コーヒーダイエット総評

コーヒーのカフェインは度々注目されますが、クロロゲン酸の脂肪燃焼効果はあまり知られていないようです。

コーヒーはリラックス効果もあり、そもそも美味しいので毎日飲むのが習慣となっている人も多いと思います。

ですので、飲むタイミングと飲み方の注意点だけ守れば、本当にダイエットの強い味方になってくれます。

コーヒーが苦手な方は苦痛になってしまうかもしれませんが、好きで頻繁に飲む方は、続けやすいと思いますので、飲み方を少し工夫して実践していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする