ピラティスでダイエット効果を上げるには?部分痩せの2つの方法!

ピラティス

ダイエット効果がある運動の1つとして人気なのがピラティスです。

ピラティスはヨガと似ている部分がありますが、エクササイズの多いヨガと違い、筋トレを重視したもの。

ピラティス開始後、わずか2ヵ月で憧れのくびれBODYが手に入るなどの実績があり、その即効性から非常に注目されているダイエットでもあります。

やり方にはコツがありますが、慣れてくると簡単に実践できますので毎日の習慣にして、あなたも憧れのくびれをゲットしましょう。

今回そんなピラティスの効果ややり方などをご紹介します。

スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1160340469906546"
data-ad-slot="1189814439"
data-ad-format="auto">



ピラティスとは?

ピラティスの効果
そもそもピラティスとは、ジョセフ・ピラティか考案したエクササイズの1つで、元々はダイエット目的の為ではなく、リハビリ用に考えられたものです。

寝ながら行うものがほとんどですが、寝ながら行っているにも関わらず、効果が高いものとなっています。

また、ヨガよりも継続しやすいという方も多いようです。

そしてヨガ同様、呼吸を意識しつつ行うものですが、ピラティスの場合は、呼吸法がヨガとは違いますので、その点も意識しながら行う必要があります。


ピラティスの効果は?

ピラティスの効果
ピラティスを行う事でさまざまな良い効果が期待できます。

ダイエットと関係のあるものとしては、脂肪燃焼、インナーマッスルを鍛える、くびれが出来る、便秘解消によいとされ、ピラティスを毎日実践するだけで減量できたり、見た目にも引き締まった体型になることができます。

脂肪燃焼は直接減量に繋がるので、ダイエットに効果的なのはお分かりいただけると思います。

インナーマッスルは、言葉通り体の奥にある筋肉で、深層筋とも呼ばれています。
この部分は、なかなか鍛えることができないものですが、このインナーマッスルを鍛えることで基礎代謝が向上します。
結果的に消費カロリーが増えますので、痩せやすい体質になることが可能です。


そして、便秘解消もダイエットに効果的とされています。
そもそもダイエットをすると便秘になりがちですが、この状態だと代謝が悪くなってしまいますので、便秘にならないような食事を心がけてダイエットを実践する必要があります。
また、すでに便秘の方は、まず便通改善させることが効率的なダイエットになります。
便秘解消が手軽にできる6つの小技!ダイエットにも有効?

ピラティスを実践するだけで、このようなダイエット効果が期待できるという事です。
直接減量することができるだけでなく、痩せやすい体質に変わっていくので、ダイエットに成功した後もリバウンドがしにくいというのもメリットですね。

その他には、ストレス解消、腰痛改善、頻尿・残尿感・尿漏れの改善などの効果も期待できます。

ストレスもダイエットの天敵ですから嬉しいポイントです。
ダイエット効果以外にも、健康面でも効果が高いピラティス。

ピラティスを行う事で、自然と普段からの姿勢も良くなりますので、猫背の方にも、とてもオススメの運動法となっています。
正しい姿勢はダイエットに効果的!姿勢タイプのチェック方法と治し方


ピラティスダイエットのやり方は?

ピラティスダイエットは、呼吸法をマスターする必要がありますが、その呼吸法は「胸式呼吸」です。

痩せる運動といえば、大抵「腹式呼吸」で行うのが多いですが、ピラティスの場合は「胸式呼吸」なので、その点に注意してください。

まずは、ピラティスの基本姿勢をマスターしてください。

【ピラティスの基本姿勢】

・床にあぐらをかいた状態で座る

・背筋を伸ばし、おへそを背中に引き入れるイメージでへっこませる

・両手を肋骨部分にあて、お腹をへっこませたまま鼻から息を吸いつつ、両手を外側に引っ張ていくようにする
(肋骨に空気を入れ込むイメージで行いましょう)

・口から息を吐きながら、両手をおへその方に向かってなぞっていく

これがピラティスの基本となる呼吸法なので、しっかり覚えておきましょう。

この呼吸法をマスターしたら、脂肪燃焼や下腹部の引き締めとなるピラティスの方法を実践してください。


【動画付き】ピラティスのお腹の脂肪燃焼効果を高める方法

基本姿勢が理解できたら、減量にも繋がる脂肪燃焼効果を高める方法を実践していきましょう。

こちらの動画が参考になりますので、初めての方は見ながらゆっくり実践してみて下さい。



マットなどの上に膝を立てた状態で座ります。

立てた膝をお腹の方に、なるべく近づけていき
そのまま、後ろにゴロンっと倒れた後、直ぐに起き上がります。

体を丸くした状態を意識したまま行いましょう。


【動画付き】下腹部引き締める方法

次に下腹部を引き締める方法です。

動作が多いので、一つ一つ確認しながらゆっくり行ってください。



背筋を伸ばした状態で座ります。
両足を腰幅2つ分ほどまで開き両手を広げましょう。
息を吸いながら体を左側にひねります。
そのままの状態で息を吐きながら、右手の指先を左足の爪先に添えます。
できる範囲で大きく伸びましょう。
息を吸いながら上半身を起こし、下腹部を意識してお腹を引っ込めます。
息を吐きながら、上体を正面に戻します。

反対側も同様に行いましょう。


ピラティスは丁寧に質を大事に

上記で紹介した方法以外にも、動画共有サイトなどでもピラティスの様々なやり方がUPされていますので、あなたがすぐに痩せたい部位についてや取り組みやすい方法を探してみるのもいいかもしれません。

なるべく、全ての動作をスムーズに行うように意識し、回数よりも1回1回の動作を意識しながら「質」を大事にされるとダイエット効果も高いものとなります。

ただやればいいとか、回数をこなせばいいというものではなく、正しい方法で丁寧に実践していきましょう。

うまくご自身の生活の中で習慣化できれば、本当にくびれができ、減量することもできますよ。
お腹ヘコませダイエットで憧れのくびれが!正しい方法で習慣化が大事


ピラティスを行う効果的な時間帯

ピラティスを行う時間帯に明確な決まりはありませんが、効果的なタイミングがあります。

まずは、空腹時に行うことです。

空腹な時間帯は、血中の糖質が少ないので早い段階で脂肪を燃焼し始めます。
通常は血中の糖質が先にエネルギーとして使われてから脂肪からエネルギーを使用します。

このため、空腹時に行う方がダイエット効率が高くなるのですが、空腹時に過度に行うとエネルギー不足で体調不良になったり、筋肉の減少にもなってしまいますので、極度の空腹時は逆にNGです。

次に効果的な時間帯は、朝目覚めた時です。

朝にピラティスを行うことで、代謝が良くなり、その日の消費カロリーの増加が期待できるからです。
また、リラックス効果もあるので、朝に習慣づけることで効率的なダイエットが行えます。

このように、ピラティスを行う時間帯を工夫することで、より効率的にダイエットが実現できます。
ただし、継続させていく事が一番大事ですので、ご自身の生活スタイルを見直してみて難しそうであれば、無理して上記の時間帯に合わせる必要はありません。

満腹時は控える必要がありますが、夕食の2時間後や就寝前など、取り入れやすい時間帯で実践するだけでもしっかりと効果を得ることができます。


実践時にオススメのサプリ

ピラティスには脂肪燃焼効果もあるとお伝えしましたが、ここで脂肪燃焼効果を高めるサプリを服用すると、さらに効果的なダイエットが可能になります。

最近のダイエットサプリは、様々な用途に応じたものが販売されています。

中でも脂肪燃焼効果を高めることに特化した人気サプリ「スリムバーン」は、運動前に飲むと消費カロリーの増加や脂肪燃焼効率を上げる事が期待できるので、ピラティスの前の服用にオススメです。
スリムバーン 口コミ
少しでも早く効果を実感したい方は、このようなサプリを併用してみるのもいいかもしれませんね。

スリムバーンについては、こちらの記事でも詳しく紹介していますので、気になる方はチェックしてみて下さい。
スリムバーンの口コミから分かった効果と最安値で続けていく方法


ピラティスを行う服装は大事?

ピラティスは、様々な部位を伸ばしたり動かしますし、実際やってみると運動量が多いことが分かると思います。

ですので、動きやすい服装で行うようにしてください。

ただ、絶対的に必要なものはありませんが、床に座っても痛くないようなマットを敷いたり、ウェアを着てモチベーションを上げるのもいいかもしれません。

マットやウェアは、ヨガで使用されるものがオススメですので、本格的にピラティスを実践したい方は、こちらのヨガショップなどで揃えてみてください。
ヨガウェア・ヨガパンツ通販アサナ

形から入るタイプの人も意外と多いですが、意識が高まるのでダイエットにおいても効果的かと思います。


ピラティスダイエット総評

ピラティスは、他の運動に比べて自宅で手軽にできるのに効果が高いというのが大きなメリットですね。

最初は難しく感じますし、体力も使います。

しかし、慣れてこれば日々の習慣として取り入れていく事ができますので、まずは実践してみることが大事かと思います。

お腹周りや下腹部など部分痩せ効果もありますので、気になる部分を集中的に行うこともできるというのも嬉しいですよね。

実践する時は、集中しながら動かす部分を意識してほしいのですが、テレビをみながらおこなうなど、長く継続的にできるスタイルを自分で考えて実践されるのもいいかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする