キャベツを使ったスープで経済的にダイエット!レシピと効果は?

ダイエット スープ キャベツ

野菜ベースのスープは、様々な栄養素をしっかり摂取できつつ、カロリーは確実に抑えることができるので、ダイエット食として取り入れる方も多いと思います。

しかし、野菜の種類を多く使うと値段もかかってしまい、続けられないという方も多いと思います。

そこで、キャベツをベースにした経済的なスープダイエットの方法とレシピなどを紹介します。

キャベツスープのメリット

ダイエットを行っていくには、野菜中心の食生活にしていくのが効果的ですよね。

そこで、ダイエット食として採用されがちなのが、野菜ベースのスープ。

「1週間スープダイエット」や「脂肪燃焼スープ」は、短期間で効果がでたという口コミも多く、話題になりました。

しかし、冒頭でも伝えたように、野菜の種類を多く使うスープは、値段もかかってしまうのがネックだと感じているかたもいると思います。

そこで、オススメなのがキャベツをベースにしたスープです。

キャベツは重量感・食べ応えがあるのに、1玉200円前後とリーズナブル。
※価格高騰時は300円を超える地域もある

このキャベツを利用すれば、経済的にスープダイエットが実践できます。

また、多くの野菜でスープを作っている方も、最終的にどうしてもキャベツが余ってしまうという場合もあると思います。
そんな時にもキャベツスープを作れるようにしておくと便利ですよ。

キャベツから期待できるダイエット効果

キャベツ ダイエット効果

野菜の中でも比較的安価で手に入るキャベツですが、栄養価も高いのでダイエット時にもオススメの食材です。

キャベツ100gあたりのカロリー:約23Kcal

多くのビタミン・ミネラルが摂取でき、特にビタミンC、ビタミンK、葉酸が豊富に含まれています。

ビタミンCは、シミやしわの予防改善、コラーゲンの生成など美白効果がある事でも有名ですよね。

さらに、キャベツには食物繊維が豊富に含まれていることも大きな特徴です。

食物繊維を摂取することで、腸内環境が改善され、便秘の予防・解消することができます。

便秘は、代謝が悪くなり痩せにくい状態ともいえるので、改善することでダイエットの効率が上がります。

このように、キャベツは低カロリーなのに多くの栄養素を摂取でき、しかも低価格。

非常にコスパが良いのでダイエットの強い味方となってくれます。

キャベツスープのレシピ

レシピと言っても非常に簡単に作れますし、様々なアレンジもできますので、ここで紹介するレシピを参考にしつつ、お好みのスープを作ってみて下さい。

【キャベツの千切り卵スープ】
キャベツ スープ ダイエット

材料
・キャベツ
・卵
・麺つゆ

作り方
・水に適量の麺つゆと千切りキャベツを加えて煮出す。
・沸騰したら卵を入れて、適度な火の通り加減になったら完成です。

超簡単なので、忙しくてもサッと作れちゃいますね。
麺つゆがなければ、だしと醤油、みりん、料理酒などで味付けすれば、同様の和風味になります。
もちろん、キャベツだけでなく、ニンジンや玉ねぎなどを加えれば、より栄養価の高いスープになりますよ。

【キャベツの芯のスープ 中華味】
キャベツ スープ ダイエット

材料
・キャベツの芯
・鶏ガラ
・ウェイパー
・胡椒、ラー油、ごま油はお好みで

作り方
・キャベツの芯を火が通りやすいように削ぎ切りにして、鍋に入れます。
・キャベツの芯が浸かる程度の水と鶏ガラ小さじ1を加えて、芯が柔らかくなるまで煮出します。
・柔らかくなったらウェイパー小さじ1を加えます(スープの量が少なかったら水も足す)
・あとは味をみて、薄かったら鶏ガラを加えて調整すれば完成です。

出典:https://cookpad.com/recipe/4835429

スープならではですが、キャベツの芯が利用できるのが嬉しいですよね。
もちろん葉の部分を加えてもいいですし、他の野菜も加えれば栄養価が高くなります。
中華風の味になるので、鶏のササミを加えればタンパク質の補給にも効果的です。
じゃがいもダイエットで推奨!カロリーを抑える方法とレシピは?

キャベツスープに加える食材について

上で紹介したレシピは、キャベツを中心としたスープですが、よりダイエットを効果的にするには玉ねぎを加えるのも有効です。

玉ねぎに含まれている硫化アリル(涙が出る原因となる成分)は、血液をサラサラにし血行促進になります。
血行が良くなると代謝アップにも繋がり、ダイエット中には嬉しい効果が期待できます。

また、玉ねぎの皮には、ケルセチンと呼ばれる成分が含まれており、脂肪の吸収を抑えたり、脂肪燃焼効果があります。
なので、スープを作る際に、玉ねぎの皮を一緒に煮出すと、よりダイエットに効果的なスープにすることができます。
酢玉ねぎの効能はダイエットにも効果的!?食べ方や保存期間は?

キャベツスープには、その他の野菜もいいですが、キノコ類も意外と安価で手に入って食べ応えがあるのでオススメですよ。

えのきやしめじもスープに合いますし、キャベツでは補えない栄養素も摂取できます。

飲む時間やダイエット方法

キャベツスープ ダイエット

スープダイエットは、夜の置き換えとして飲む方が多いと思います。

ただし、キャベツスープだけだと栄養価が偏ってしまうので、1日おきに飲むなどの工夫が必要です。

他の日は野菜たっぷりのスープにして、「経済的負担を減らすため」「キャベツが余ってしまった」このような場合に定期的に飲むというスタイルで実践していくのがいいかと思います。

また、キャベツスープに限らず、朝と昼はしっかり食べるようにしましょう。
野菜スープだけでは、カロリーが少なすぎます。

摂取カロリーが基礎代謝量よりも少ないと、身体が飢餓状態と判断してしまい、脂肪が付きやすい体質になってしまいます。
基礎代謝について詳しくは、こちらの記事で確認してください。
基礎代謝の計算方法と基準値!代謝を上げる食事や運動とは?

このように、キャベツをベースとしたスープでダイエットを行う場合は、毎日の実践はできるだけ避けて、適度なカロリー調整をする程度で行ってください。

キャベツスープダイエット総評

ここで紹介したキャベツスープのレシピは、簡単でサッと作れるので実践もしやすいかと思います。

ただし、栄養価を考えたら他の野菜を入れるに越したことはないということは理解しておいてください。

野菜スープが面倒で、キャベツだけでいいやッとならないように・・

それと、カロリーが少ないことは、ダイエットにおいてメリットですが、少なすぎるのはデメリットとなりますので、他の食事で調整するなどのくふうをしていきましょう。

以上が経済的負担を減らすためのキャベツスープのダイエット法ですが、くれぐれも無理のない範囲で行うようにしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする