お腹周りの引き締めを女性でも簡単にできる筋トレや器具は?

お腹周り 引き締め

お腹周りを引き締めるだけで、意外とスリムな体型に見られやすくなります。

そこで、ここではお腹周りの部分痩せに特化した、女性でも簡単にできる運動や筋トレ、あると効果的な器具などを紹介します。

スポンサーリンク


お腹周りを引き締めるには?

お腹周り 引き締め 簡単

お腹が太ってしまう原因は、まさに脂肪(皮下脂肪と内臓脂肪)です。

つまり、脂肪を落とせばお腹周りを引き締めることができ、スリムな体型を目指すことができます。

そのために有効となるのが有酸素運動と筋トレ(腹筋)です。

有酸素運動は、簡単に言うと規則的な運動をする際に必要となるエネルギーを脂肪や糖質から作ること。
脂肪や糖質をエネルギーに変えて消費(脂肪燃焼)させていくので、有酸素運動を行うほど、脂肪は減少していきます。

次に筋トレですが、実はダイエットにおいて筋肉は非常に重要な存在です。

筋肉量を増やすと基礎代謝量も増えるので、痩せやすい体質になることができます。

お腹周りの引き締めの場合だと、特に腹筋を鍛えることで、基礎代謝量の増加に加えて、腹筋運動時にお腹の脂肪が燃焼されやすくなるので、有効となります。

このように、お腹周りを引き締めるのに最も効果的な方法は有酸素運動と筋トレになります。

女性でも簡単にできる筋トレ

お腹周り 引き締め 筋トレ

まず筋トレで筋肉量を増やすことが、お腹周りに限らずとも効率的なダイエットを実践という点で重要になります。

しかし、腹筋トレーニングは結構しんどいものですよね。

女性でも経験のある方が多いと思いますが、キツくて長続きしない方も多く、中にはそもそも腹筋ができないという方もいるのではないでしょうか。

そんな場合でも簡単にできて効果のある腹筋の方法を紹介します。

【レッグレイズ】
上体起こしができない方は、レッグレイズと呼ばれる足を上げる腹筋トレーニングをしてみましょう。

正しい方法で行えば、かなり効果が期待できるので寝る前の習慣化にオススメです。

最初はかなりキツく感じるかもしれませんが、日を追うごとに慣れてくるので、最初だけ我慢して継続させていきましょう。

【マットを使って上体起こし】
こちらはピラティスと呼ばれる運動の一つですが、上体起こしができない方にオススメの方法です。

マットを敷いた上に仰向けで寝て、頭付近のマットの端を持ち、持ち上げると同時に上体を起こしてください。

何も持たない状態よりは、身体が持ち上がると思います。
上半身が完全に持ち上がらなくても、腹筋に負荷がかかっているので長期的な実践でしっかりと筋肉を付けていく事ができます。

この2つが女性でも比較的簡単にでき、お腹周りの引き締めに効果的な筋トレとなります。

ただ、最初から無理をしてしまうと続かないので、初めは少ない回数で試してみて、どのくらいできそうか確認してみましょう。

そして、回数は徐々に増やしていけばいいので、最初から決めてしまわず、できる範囲で実践してみてください。

しっかりと筋肉を付けていけば、太りにくく痩せやすい体質になっていきます。

お腹周りに効果的な有酸素運動

お腹周りの脂肪を直接落としていくには、有酸素運動が最も手っ取り早い方法となります。

有酸素運動の代表的なものとしては、「ウォーキング」「ジョギング」「水泳」など。

しかし、多くの人は自宅で効果的な運動ができる方が、継続もしやすいのではないかと思います。

そこで人気となるのが、DVDを見ながら行うエクササイズ。

映像で動きを確認しながら効果的な動きができるので、非常に便利ですよね。

さらに、最近で言うとエクササイズが無料できるダイエットアプリも人気となっています。

ダイエットアプリについての詳細は、こちらの記事にまとめてます。

ウォーキングなどに抵抗があるという方も、このような方法なら手軽に効果的な有酸素運動が実践できるので試してみて下さい。

全身を使う運動でもお腹のシェイプアップに効果的ですが、できるだけお腹をひねるような運動を積極的に行ってみて下さい。

フラフープなら女性でも簡単にできる

フラフープは、特に女性の方が得意な人が多いのではないでしょうか。

実は、フラフープも腰を動かす運動になるのでお腹周りの引き締めには効果的です。

全身を使ったエクササイズほどの消費カロリーはありませんが、楽しくできるので、継続性があるという点で有効です。

基本的な方法としては、
・右回り4分
・休憩2分
・左回り4分

これを毎日1セット以上行うだけです。
※慣れてきたらセット数を増やしてもいいですが、腰を痛めないように注意してください
※休憩は長すぎると脂肪燃焼効果が低減してしまいます

子供の頃に遊んでたという方は、すぐにでも実践できるので、ぜひ試してみて下さい。
フラフープダイエットの効果と実践者口コミ!おすすめの選び方は?

お腹周りの引き締めに効果的な器具は?

筋トレも運動も苦手だし、やりたくないという方は、話題になっているEMSの器具を使用がオススメです。

低周波の振動を与えるEMSをお腹に装着して、インナーマッスルとアウターマッスルを同時に鍛えることができます。

振動により脂肪燃焼効率もあがるので、上記で紹介した有酸素運動をEMSの後に実践すれば、さらに効果的にお腹周りを引き締めることができます。

そんなEMSで、特に人気なのがタレントのヒロミさんが監修する「VアップシェイパーEMS」です。
Vアップシェイパー

こちらは楽天市場でもデイリーランキング入りするほど人気!

EMSだけでなく、日常的にシェイパーを着ていれば姿勢も正され、代謝の向上も期待できます。

つまり、家事や仕事中はVアップシェイパーを着用して、家でテレビを見る時間などにはEMSで鍛えるという使い方で、無理なくお腹を引き締めていく事が可能です。

筋トレや有酸素運動が苦手という方は、VアップシェイパーEMSに頼ってみてください。

詳しくは、こちらの記事にもまとめてますので、興味のある方はご確認ください。

EMSなしのVアップシェイパーは、旧タイプとなりますので間違えないように注意してください。

お腹周りの引き締め総評

そもそもお腹には、人間にとって大事な内臓が密集しており、それらを外傷や冷えから守るために脂肪が付きやすくなっています

このような意味合いもありますので、お腹周りに脂肪がついていることが決して悪いという訳ではありません。

ただ、見た目にも大きく影響してくる部分でもあるので、ある程度は引き締めたいですよね。

ここで紹介したものは、女性でも比較的簡単にできる方法だと思いますので、ご自身に取り入れやすいものを見つけて積極的に実践してみて下さい。

まずは試してみることが大事です。

もし合わないと思ったら別の方法にチャレンジしていけばいいだけなので、続かなくても悲観せず実践していきましょう。

くれぐれもケガのないように、無理のない範囲で行ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする