EMSパッドのダイエット効果!貼る位置で部分痩せにも!

EMSパッド

テレビや雑誌などで見かけるEMSパッド。

「運動せずに痩せる」との事から、注目を浴びていますね。

でも、EMSって何だろう?

本当に瘦せるの?って気になりますよね。

そこで今回はEMSパッドの仕組みや効果などを、ご紹介したいと思います。

EMSパッドとは?基本効果や仕組み

EMSを使った製品で有名なのが、EMSパッドですよね。

EMSパッドは、ただ貼るだけで「腹筋が割れる」という製品と称されています。

よく、その効果などが、テレビや雑誌などで紹介されている為、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが、なぜ「貼るだけ」で腹筋が割れるのか。という事です。

EMSは「Electrical Muscle Stimulation(エレクトリカル・マッスル・スティムレーション)」の略称ですが、これは「電気刺激による運動」の事を現しています。

通常筋肉を動かす場合、人は脳から「動け(動かす)」という命令が伝わる事で、筋肉の収縮運動を行いますが、この命令を送る際の信号が、微弱な電流のようなものとなっています。

それを利用してEMSは、人工的に電気信号に似たものを送って、自分の意志とは関係なく筋肉の収縮運動を起こさせているので、貼るだけで運動(筋肉の収縮)しているという形になるんです。

ダイエット効果 EMSで痩せる事は可能?

EMSの仕組みはわかったけれど、本当にダイエットに効果があるのか?

効果があるのなら、こんな楽なダイエットはありませんよね。

期待している方も多いと思いますが、残念なところEMSだけでは「ダイエット効果」は見込めません。

そもそもEMSは、筋肉の収縮運動を行う為のものなので「ダイエット器具」というより「トレーニング器具」に近いものになっています。

この為「筋肉量」より「脂肪」が多いと、効果が実感しにくいのが現実なんですね。

ただ、筋肉量を増やす事はできますので、痩せ体質を作る事は可能だと思います。

その分、脂肪を落とす為の有酸素運動と併用したり、タンパク質を多めに摂取するなどをする必要があります。

EMSだけで腹筋は割れる?

EMSのダイエット効果でも触れていますが、EMSの効果を実感するには、ある程度の筋肉量が必要です。

筋肉量が多い方。
脂肪が少ない方。

といった方は、EMSだけでも「腹筋を割る」事が可能といえます。

しかし、その逆の

筋肉量が少ない方。
脂肪が多い方。

は、筋肉量を増やし、脂肪を落としてからではないと、EMSだけで腹筋を割る事が難しいでしょう。

ただし、外出先でも使えるEMSパッドなども出ていますので、それらを貼った状態で、有酸素運動を行う事で「筋肉量増加」と「脂肪を落とす」の両方が同時に行えますので、効率的に腹筋を割る事ができますよ。

EMSパッドの貼る位置

EMSパッドは、腹筋に限らず、背中や二の腕・太腿といった気になる箇所にも使う事が出来ます。

鍛えたい部位によって、貼る位置が異なりますので、部位事にご紹介していきますね。

お腹

① おへそを中心に、上下左右と貼る
② おへそから斜め上(左右)と斜め下(左右)に、それぞれ貼る
③ くびれ部分となる左右の腰部分と、おへそより下(左右)に貼る
④ おへその隣(左右)と、横腹(左右)に貼る
⑤ 脇腹(左右)とおへその隣(左右)に貼る

背中

① 背中の中心(背骨があるあたり)の首部分と、肩甲骨、腰に貼る
② 肩甲骨と脇腹(背中側の左右)に貼る
③ 首(背中側)と腰(お尻の少し上)に、1枚ずつ間隔をあけて、計3枚貼る

太腿

① 左右の内ももと、膝より少し上の内もも(左右)に貼る
② 左右の太腿と、膝より少し上の内もも(左右)に貼る
③ 左右の外腿と、膝より少し上の外もも(左右)に貼る
④ 左右の太腿(Vライン付近)と、膝裏の少し上部分(左右)に貼る
⑤ お尻と腿の付け根部分(左右)と、膝裏よりより少し上の内もも(左右)に貼る

お尻

① お尻の中心から、斜め上(左右)と斜め下(左右)に貼る
② お尻側の腰部分(左右)と、お尻の中心から左右に2枚貼る

腰回り

① 腰回りに前と後ろに間隔をあけて4枚ずつ貼る
② 背中側の腰回りに、間隔をあけて4枚貼る
③ お尻と腰の境目あたりに左右2枚と、背骨を中心に左右に貼る

腕周り

① 二の腕の部分と、背中側の脇部分に1枚ずつ貼る
② 二の腕部分に、2枚ずつ貼る

製品によっては、パッドが大きく、1枚で行けるものもありますので、お使いになるパッドの説明書などを参考にして下さい。

このように貼る位置を変えれば、部分痩せも可能になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする