白米ダイエットで効果をだすには量が大事!痩せるための方法は?

白米ダイエット やり方

ダイエット中といえば、避けるべき食べ物であるのが「白米」

白米はカロリーが高い事から、ダイエット中の食事制限では、白米を抜く、炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットなどが流行しましたよね。

少し白米を抜くだけで、直ぐに効果が実感できる事から、実践された方も多いと思います。

しかし、始めて直ぐは我慢できるのですが、だんだん辛くなってくるのが、炭水化物抜きや糖質制限の落とし穴。

結局我慢できず食べてしまった為に、リバウンドしてしまったという失敗談が後を絶ちません。

だからこそ、あえてオススメしたいのが「白米ダイエット」です!

これまで避けられてきた「白米」で「ダイエット」が出来るという、今までとは180度違うダイエット法となっています。

白米を食べたい方には、まさに夢のようなダイエット法ですが、そのやり方や注意点などを、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


白米のカロリーや栄養素

白米ダイエット カロリー

白米は、お茶碗1杯分(160g)で、約269kcalあります。

ちなみに100gで、約168kcalと、なかなかの高カロリーですね。

次に、白米に含まれている栄養素ですが

タンパク質
脂質
炭水化物(糖質)
ビタミン類
ミネラル類

が含まれており、この中でも特に「炭水化物(糖質)」を多く含んでいるのが特徴です。

糖質は、血糖値の上昇を上げる為、脂肪に変わりやすくなってしまいます。

この為、ダイエット中に避けるべき食べ物として「白米」があがってしまうんです。

白米ダイエットの効果

白米のカロリーや含まれている栄養素を見てしまうと、白米はダイエッに向いてないんじゃない?と思われるかもしれませんが、実は、その反対で、白米はダイエットに向いた食べ物なんです。

そもそも、白米に含まれている炭水化物(糖質)は「ブドウ糖」であり、砂糖や果物に含まれている糖分(果糖)とは別物になります。

ブドウ糖は、私たち人間の脳や筋肉、心臓などのあらゆる細胞を動かす為のエネルギーになる為、一番最初に消費されていくのが、このブドウ糖なんです。

逆に、砂糖や果物に含まれている「果糖」は消化されにくい為、脂肪に変わりやすいんです。

つまり、炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットで、カットすべき糖質は、炭水化物ではなく、果糖を抜くのがベストなんです。

また、白米は、他の炭水化物(糖質)に比べ、脂質が少ないのも特徴です。

この為、より脂肪になりにくいんです。

更に、白米は油分の吸収を抑える効果がありますので、油分を摂る際も、あえて白米と一緒に摂る方が、体内への吸収を抑える事が出来ます。

また、白米は、噛めば噛むほど、甘みが増す食べ物でもありますので、それを利用して、たくさん噛めば、満腹指数もあげられ、食べ過ぎを抑える効果も期待できます。

白米ダイエットのやり方

白米ダイエット

白米ダイエットは、3食きちんと白米を食べることです。

ただ、普通に食べていては「ダイエット」にはなりません。

食事の「総カロリー」を、ご飯6:おかず4の割合で食べることです。

おかず4のうち、15%をタンパク質。

25%を脂質にするのが理想です。

また、食事を摂る際も「食べる順番」に気をつけて行います。

汁もの→野菜類→タンパク質→白米といった感じで、最後に白米をもってくるのがポイントです。
食べる順番ダイエットは何で効果があるのか!方法や食べ順は?

白米ダイエットの効果をあげるなら、温かいご飯より、冷めたご飯を食べるといいでしょう。

冷えたご飯は、主成分である「でんぷん」が「レジスタントスターチ」に変化します。

このレジスタントスターチは、食物繊維と同じような働きをしてくれるので「便秘解消」や「脂肪燃焼」効果が期待できるものとなっています。
炭水化物は抜き過ぎると逆に太る!?ダイエットとの関係と必要性!

量や注意点は?

白米ダイエットでも、触れていますが、白米を食べる回数は1日3回で問題ありませんが、量は、総カロリーの6割までです。

それ以上は摂取しないようにしましょう。

どうしても、それ以上食べたいといった方は、白米ではなく「雑穀米」や「玄米」に変えられるといいでしょう。

また、注意点としては、早食いをしない事です。

早食いは、余り噛まない為、直ぐお腹が空いてしまう上、無駄に食べ過ぎてしまうだけではなく、血糖値が急激に上昇してしまい脂肪の原因を作ってしまいます。
血糖値コントロールダイエットで健康的に痩せる方法と効果は?

この為、平原綾香さんとまではいきませんが、1口1口をゆっくり、たくさん噛むようにしましょう。

たくさん噛む事で、満腹中枢を刺激する事ができますし、血糖値の上昇を緩やかにする事もできますよ。

白米よりも酵素玄米?

量や注意点など、白米ダイエットの方法をしっかり理解して行えば、白米を食べながら痩せる事も可能ですが、さらに栄養価が高く、ダイエット食として注目されているのが酵素玄米です。

小豆や塩を混ぜた玄米を3日間ほど発酵させたもので、通常の玄米や白米よりも栄養価が高いのが特徴です。

石原さとみさんやローラさんも食べていることでも有名になりました。

ただし、毎日酵素玄米を食べるというのは難しいので、普段は白米ダイエットを実践しつつも定期的に酵素玄米を取り入れてみるというのがいいかもしれません。

そして、栄養価が高いといっても食べ過ぎてはカロリーオーバーになってしまいますので、白米ダイエットと同様に食べる量には注意が必要です。

白米ダイエットに飽きてきた方は、たまに酵素玄米に変えてみるという工夫も試してみて下さい。

白米ダイエット総評

白米は、炭水化物のうち、糖質が高くカロリーも高いので、ダイエット時には避けるべきだと思われがちですが、工夫して食べることでダイエット中でも強い味方になってくれます。

ただし、白米ダイエットで効果的に痩せていくのに大事なのは、量ですので、注意点等をしっかり守って行うようにしましょう。

白米は、炭水化物に限らず栄養価が高いので、昔から主食として最適とされてきました。

なので、ダイエットの為に無理に避けてしまうのは、健康面にも悪く、生活上の活力(エネルギー)が損なわれてしまいます。

糖質制限やカロリー制限のダイエットも効果的ですが、上記の方法をよく理解して白米ダイエットを取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする