ローズヒップティーはダイエットにも効果あり!効能や作り方は?

ローズヒップティー

淡いピンク色が特徴なローズヒップティー

ダイエットや美容に関してかなりの効果を得る事ができるため、話題となっているお茶ですが、飲み方を間違ってしまうと効果が軽減されてしまい勿体ないことに!

そこで、ここではローズヒップティーの正しい飲み方を含め、気になる効能などを詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


ローズヒップティーはどんなお茶?

ローズヒップティー 効果

ローズヒップはバラに実る赤い果実。
ビタミンCが豊富で美容効果がある事でも有名ですね。

そしてローズヒップティーはローズヒップだけで作られているのではなく、ハイビスカスをブレンドさせる事で、初めて淡いピンク色になります。

紅茶のような渋みはありませんが、ほのかに酸味が効いています。

また、ノンカフェインなので、胃やお肌にも優しく女性にとっては嬉しいビタミンCやビタミンEの他、カルシウム、鉄分、食物繊維やベータカロテン、リコピン等の多くのポリフェノール類が多く含まれています。

ローズヒップティーのダイエット効果

ローズヒップティーには多くのポリフェノール類が含まれていると説明しましたが、この中の一つに「ティリロサイド」というポリフェノールがあります。

その成分が、内臓脂肪を減らす効果や脂肪燃焼の効率を上げてくれる事から体脂肪減少の効果が認められています。
脂肪燃焼スープのダイエット効果とおすすめレシピ-保存方法は?

さらに、ダイエット中の天敵でもあるストレスに対してもローズヒップティーには軽減効果があるんです。

ストレス対抗ホルモンを分泌するのに必要なビタミンCが多く含まれていることでストレスを軽減してくれます。

ストレスを感じるたびビタミンCは消費していきますが、ローズヒップティーを摂る事で、ビタミンCの補給へと繋がり自然とストレスに強い体になる事ができます。
ダイエットの秘訣はストレス解消!セロトニンを増やす食べ物とは!?

健康や美容の効能もある

美容面での効能は、しわやくすみの解消、たるみの除去、毛穴の引き締め、肌荒れの回復、美白、年齢肌の緩和などの効果が期待できます。

これほど美容の効能があるのは、ローズヒップティーには、ビタミンA、ビタミンE、リコピンが豊富に含まれている為、その抗酸化作用により肌トラブルを防いでくれるからです。

さらに、ビタミンCも豊富なので、以下の効能が期待できます。

・体内でコラーゲンの生成をサポートしてハリのある肌にしてくれる
・メラニンの生成を増やさないのでシミやくすみを防止
・炎症と皮脂を抑える働きにより、にきび予防・解消
・セラミドの合成を促進し、肌の水分量の調整・潤いのある肌に
・アンチエイジング効果

もともと美容目的で飲まれることが多かったローズヒップティーですので、嬉しい効能だらけですね。

さらに健康面では、血糖値の上昇を抑えてくれたり、免疫力の向上や花粉症の改善といった効能があります。

毎日飲み続ければ、免疫力のある風邪をひきにくい健康的な状態を維持することができ、生活習慣病のリスクも低減させることが期待できます。

このように、ローズヒップティーにはダイエットだけでなく、健康・美容などの効能もあり、まさにスーパー飲料と言えます。

効果的な飲むタイミングとは?

ダイエット目的で飲まれる方で、運動を取り入れている場合は、運動の前に飲むことでローズヒップティーの脂肪燃焼効果により効率的なダイエットが実践できます。

運動開始の30分前に飲むのがオススメです。

運動をしてない方でも、毎日飲むことを習慣化すれば太りにくい体質を目指すことができるので、毎日継続できる時間帯(忘れないタイミング)を決めてしまうのも良いと思います。美容目的の方も毎日飲むのが大事。

また、一般的に空腹時の方が栄養の吸収率が高いと言われていますので、間食の時間帯(10時や3時ごろ)に飲むのも効果的です。

そして、ビタミンCは、一度に吸収できる量に限界があるので、朝、昼、晩など、少量づつ数回に分けて飲むという方法もオススメです。

カフェインが含まれていないので、就寝前に飲んでも睡眠を妨げる事はありません。

いずれにせよ、毎日飲むことが大事ですので、無理なく続けられるように、ご自身の生活スタイルを見直して取り入れやすいタイミングで飲めるように調整していくようにしましょう。

妊娠中は飲める?カフェインや副作用は?

妊娠中の方だと口にするものは、すべて神経を使ってしまいますよね。
特に副作用やカフェインなどが気になる方は多いのではないでしょうか。

基本的にローズヒップティーには副作用がなく、カフェインも含まれていません。
(市販のものはノンカフェインのものが多い)

むしろ免疫力の向上は妊婦さんにとって嬉しい効能ではないでしょうか。

しかし、市販のものにはハーブがブレンドされているものもありますので、妊娠中に飲まれる方は、かかりつけの産婦人科で確認するようにしましょう。

その商品の成分が記載されているパッケージなどを持っていくと回答してくれると思いますよ。
産後ダイエットはいつからするのが効果的?必要性とおすすめの方法!

ローズヒップティーの飲む量は?

ローズヒップティーには、上記で紹介したような健康・美容・ダイエットにおいて優れた効能があるので、積極的に飲んでいきたいのですが、飲む量はどの程度にしたらいいのか気になりますよね。

その気になる飲む量については、特に決まりはありません。

ノンカフェインですし、副作用もありませんので、できるだけ飲んだ方がそれだけ効果を得ることができます。

ただし、極端に飲み過ぎると栄養の偏りによる弊害や特定の栄養素の過剰摂取による体調不良を起こす可能性があります。

ですので、1日1~3杯(1杯100ml)を目安としてください。

この量でも、毎日継続して飲み続ければ、しっかりと効果的な栄養素を摂取でき、美容やダイエットでも実感できるものが出てくるでしょう。

また、ローズヒップティーには利尿作用もありますので、大事な用事を控えている時は飲むのをやめておくようにしてください。

ローズヒップティーの効果的な飲み方

ローズヒップティー 効果

ローズヒップティーの栄養価は高く、優れた効果を期待できますが、その効果を得る為には飲み方が重要です。

よく、お茶だけを飲んでコップの底などに残ったローズヒップの実を捨ててしまう人がいますが、これは非常にもったいない。

じつは、この実にこそローズヒップの栄養価が80%も詰まっています。

お茶として抽出されている栄養価は僅か20%しかありません。

お茶だけ飲んでいては、効果も少ないので、必ず実も食べるようにしましょう。

また、市販の粉末で作られる方は、残った粉末にもう一度お湯などを足して最後まで頂いて下さいね。

ローズヒップティーは、ほのかに酸味が効いていて女性に好まれる味になっていますが、人によってはその酸味が苦手な場合もあります。

そんな方は、ハチミツを入れると甘みが強くなり飲みやすくなります。
また、その他には牛乳や梅酒などで割って飲むのもおいしいので、ぜひ試してみて下さい。
ごぼう茶で痩せる驚きの効能とは?作り方と飲むタイミングは?

ローズヒップティーの作り方

ローズヒップティー 効能

作り方(1人分150~180cc)
①ティーカップを温めておきます。
②ティースプーンに1~2杯分のローズヒップティーをカップに入れます。
③熱湯を静かに注ぎ、蓋をします。
④細かいローズヒップティーで3~5分間、粗めのものなら7~8分間蒸らします。
⑤よくかき混ぜたら出来上がりです。

アイスの場合
①ティースプーンに2~3杯分のローズヒップをカップに入れます。
②熱湯を100cc入れ、5分間蒸らします。
③氷を入れて、冷たくしたら完成です。
多めに作って冷蔵庫で冷やしておく事も出来ます。

また、そのまま水で抽出する事もできますが

その場合はティースプーン3~4杯をポットに入れ、水を400~500cc注ぎ

そのまま4~5時間冷蔵庫で抽出すれば完成です。

【ダイエットにいい飲み物】
たんぽぽ茶の効能はダイエットにも効果的!
抹茶が海外セレブに大人気!驚きのダイエット効果と正しい飲み方!

ローズヒップティーでダイエット総評

美容効果で有名だったローズヒップティーですが、脂肪燃焼効果を上げるなど、ダイエットにも効果があるということで、ますます注目されています。

女性好みの味になっていて苦手な方は少ないと思いますので、毎日飲むのも苦になりません。

継続性という意味では、非常に優秀なダイエット法だと思います。

大事なのは続けていく事なので、無理のない範囲で習慣化させてダイエットを効率化させていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする