Dの意志~ダイエット情報館~

腸内細菌とダイエットの関係!痩せる細菌を増やせばカロリーの吸収量が減る!?

LINEで送る
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks



腸内には100種類、100兆個もの細菌が生息していますが

細菌の中には、痩せる細菌というものがあります。


これ等を増やす事で、ダイエット効果を得られる事が科学的に証明されていますが

その気になる効果などを知って、ダイエットの手助けとしましょう。




スポンサーリンク




腸内細菌とは?


腸内細菌には、善良菌・悪玉菌・善良悪玉のどちらでも無い中間菌の3グループに分けられます。


そして、これ等の菌は、お互いに深い関わりを持ちながらバランスをとって同居しています。


善良菌(有用菌)の代表にビフィズス菌や乳酸菌があります。

これ等の菌は消化吸収のサポートや、免疫の刺激、老化防止などに影響があります。


悪玉菌(有害菌)の代表にウェルシュ菌、ブトウ菌、大腸菌(有毒株)があります。

これ等は、病気の引き金になったり、老化促進など、体に悪影響を及ぼします。

主な食事がタンパク質や脂質の人や不規則な生活、ストレス、便秘などが原因となり増えていきます。


中間菌(日和見菌)の代表にバクテロイデス、大腸菌(無毒株)連鎖球菌があります。

これ等は健康状態の時には、おとなしい菌ですが体が弱ると腸内に悪影響を及ぼします。

また腸内は年齢とともに、ビフィズス菌が減少しウェルシュ菌などの悪玉菌が増加します。



腸内細菌




ダイエットとの関係は?少ないと体重の増加が速い?


善良菌の代表である、ビフィズス菌や乳酸菌は

実は痩せる細菌と呼ばれており、痩せている体質の方に多く存在しています。


この菌を増やす事で、カロリーの吸収量が減ったり、体脂肪・体重の減少効果を得られますが

これ等の効果はマウスを用いた実験で科学的に実証されています。

逆に少ないと体重が増加してしまうのは、カロリーの吸収量が増えるからです。


食事をすると小腸でカロリー吸収をし、残りカスは大腸に移動し便となりますが

この大腸に残った便からもカロリーが吸収されます。


便から吸収されるカロリーは3大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質の3つであり

便秘が太る原因とされていたのも、便からカロリーを吸収してしまっていたからです。

その為、消化吸収のサポートをしてくれる善良菌を増やす事がダイエットへと繋がります。


【DHC直販サプリメント】スムーズな習慣、ビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌の多い腸内環境に! 届くビフィズス 30日分



腸内細菌を増やす食べ物


①ヨーグルトや納豆などの乳酸菌飲料や乳酸菌含んだ食品を摂りましょう。
腸内に継続して補充してあげる事が大切なので毎日摂るようにしましょう。


②オリゴ糖や食物繊維を摂りましょう。。
野菜や果物、豆類に多く含まれており、消化吸収される事なく
そのまま大腸まで到達する為、善良菌の栄養源となり増殖を促進してくれます。


また、高脂肪食やストレスを避けましょう。

脂質やストレスは悪玉菌の増量となります。




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly
カロリーゼロ食品でも太る!?
カロリーゼロ
五感コントロールで食欲を抑える
五感コントロールで食欲を抑える