Dの意志~ダイエット情報館~

白湯の作り方とダイエット効果は?飽きた時におすすめの飲み方!

白湯 作り方


白湯(さゆ)と言えばお湯のイメージでしかありませんが、この白湯がダイエットに効果的な事をご存知でしたか?

白湯ダイエットは、簡単な方法なのにダイエッターには嬉しい効果が多く、有酸素運動とも相性が良いダイエット法です。

ダイエットに挑戦しようと思ってる方は、正しい方法や飲み方を知って取り入れてみましょう。



スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1160340469906546"
data-ad-slot="7745437717">




白湯ダイエットとは?

お水を沸騰させ、冷ましたものを白湯(または湯冷まし)と言いますが、白湯ダイエットは、それを飲むだけという簡単なダイエットです。

運動や食事制限がない為、ストレスなく出来るダイエットの1つです。

数多くの有名人やモデルがされている事でも有名なダイエット法なんです。


ダイエット効果

白湯を飲む事で、体内の体温が上昇し、それにより冷え性や低体温が緩和されます。

冷えや低体温はダイエットするにあたり、非常にマイナス要素になります。

体温が1℃下がると、その分基礎代謝が減ってしまう為脂肪が燃焼しにくくなります。

逆に言うと、体温が上がるだけで、その分基礎代謝も活発になり脂肪が燃焼しやすくなるのです。

白湯を飲む事で体温が上昇し、それにより基礎代謝が上がる為、脂肪を燃焼しやすい体になり痩せていきます。

また白湯を飲む事で、内臓が温められ、利尿作用が得られるので、デトックスにもなり便秘解消やむくみ解消にもなります。

便秘は肌荒れや太る原因にもなりますので、便秘解消は女性には嬉しい効果ですね。


白湯の作り方

少量を直ぐに作りたい方は、レンジを使うのがオススメ。

マグカップにお水を入れ、レンジに入れます。
500wで1分30~3分以内で温めます。

注意としては、必ず1分以上は温め、3分以内でおさめる事です。
1分以内だと冷たすぎる為、白湯効果は得られません。
逆に3分以上は熱くなりすぎてしまいます。

一気にたくさん作りたい方は、ヤカンを使うのがオススメ。

ヤカンにお水を入れて沸騰させます。
沸騰後、火を止めずに10分待ちます。
火を止め、50度になるまで冷まします。

これで白湯の完成です。


ダイエット方法・やり方と飲み方

白湯 効果
1日800ml前後の白湯を、10分程時間をかけて、ゆっくり飲みます。

1回に飲む量の目安としては200mlが理想ですが、慣れないうちは飲むのが難しいという方もいますので、少しずつ飲みながら白湯に慣らすことから始めましょう。


より効果的な飲み方は?

起床30分後に、目覚めの1杯を飲む

これにより、胃腸に程よい刺激を与え、活発にする働きがあります。

よく便秘を解消するのに、起きたてに冷たい水を1杯飲むといいと言いますが、これは胃腸がビックリして活動しだす為、便秘の解消になる事から言われているのですが、冷たい水は、内臓や体を冷やし、胃腸にも負担がかかる為良くありません。

白湯は、胃腸の動きも活発にしてくれますし、体を冷やすこともないので、便秘でお悩みの方も摂るなら白湯にしましょう。

毎食事時にカップ1杯の白湯を飲む

食事の時に白湯を飲む事で、胃腸が温められ、消化機能が活発になります。

食事の際は、お茶やお水といったものと一緒に摂るとは思いますが、それを白湯に変えるだけでダイエット効果が上がるので、どうせ飲むなら「白湯にしよう」といった感じで飲まれるといいですね。

寝る前に飲む

寝る前に飲む事で、体が温まり、睡眠中の代謝が活発になります。
体が冷えやすい寒い時期や冷え性の方にはオススメです。
また、体が温まる事で、ゆっくり熟睡する事も出来ますから、不眠症でお悩みの方にも効果的です。
ルイボスティーの効能をより効果的にする飲み方とダイエット法!


白湯ダイエットの注意点

白湯の元は水です。
カロリーにすると0kcalなので、いくら飲んでも太りません。
しかし、飲み過ぎると浮腫みの原因になりますので、1日の摂取量は守るようにしましょう。

また、一気に飲むと胃腸へ負担をかける事にもなりますので、必ずゆっくり飲むようにしましょう。


白湯ダイエットまとめ

白湯ダイエットに限らずダイエットは継続して行う事で効果が得られるものですが、白湯を飲むのが平気な人には、楽なダイエットですが、初めての方や苦手な方は、どうしても苦になってしまう白湯ダイエット。

せっかくストレスなく出来る!と思って始めたダイエットがストレスになってしまっては大変です。

そんなときは、白湯に少し昆布茶や生姜、ハチミツなどのアレンジを加える事で、飽きを防ぎ飲みやすくなりますので、ぜひ試してみて下さいね。

ただし一味加えて飲む場合、飲み過ぎは太る原因や塩分の過剰摂取にも繋がりますので、1日1杯に留めておきましょう。

慣れない内は味気なく感じてしまう白湯でも、慣れていくと不思議と甘味やおいしさを感じれるものとなりますので、ぜひ続けてみて下さいね!
ダイエットの秘訣はストレス解消!セロトニンを増やす食べ物とは!?


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1160340469906546"
data-ad-slot="7745437717">





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly
カロリーゼロ食品でも太る!?
カロリーゼロ
五感コントロールで食欲を抑える
五感コントロール