Dの意志~ダイエット情報館~

脂肪燃焼スープのダイエット効果とおすすめレシピ-保存方法は?


脂肪燃焼スープ













食べれば食べるほど痩せてしまうという脂肪燃焼スープ

ダイエット中の方には夢のようなダイエット法である脂肪燃焼スープダイエットですが

今回、そんな脂肪燃焼スープの作り方とダイエット効果について紹介します。





スポンサーリンク




脂肪燃焼スープとは?


脂肪燃焼スープは、美容心理学名誉博士である岡本羽加(おかもと うか)さんが考案されたレシピです。


脂肪燃焼スープという名前ではありますが

このスープを食べる事で体質改善を計る事を目的としたダイエット法です。


即効性アリ!?1週間スープダイエットの驚きの効果!


ダイエット効果とレシピ


脂肪燃焼スープを食べることによる効果は、冷え性改善・むくみの解消・体重、体脂肪の減少など。


脂肪燃焼スープ











材料(7皿分)

大きめの玉葱 3個
太めのセロリ(葉の部分は要りません。) 1本
大きめのキャベツ 半玉分
大きめのトマト 3個
(こちらはホールトマト缶400gで代用可能)
ニンジン 1本
ピーマン(またはパプリカ) 1こ
お水   2~3ℓ

(A)
鰹節 10g
鶏ガラスープの素 小さじ1杯
昆布 5g
(またはコンソメキューブ 1個)

生姜 1片
塩・胡椒 少々



作り方


①野菜を食べやすい大きさに切ります。

②大きめのお鍋に、Aと野菜、お水を入れて、中火で約20分程煮ます。
お水のかさが減ってきたら、適量ずつ水を追加して下さい。

③野菜が柔らかくなったら、塩、胡椒を少し入れて味を調えます。
生姜を擦り下ろし、食べる直前に入れて完成です。


脂肪燃焼スープに使われている野菜は

それぞれが野菜の中でも抜き出た効果を持っているものばかりですので

レシピと同じ食材を使って下さいね。



しかし、同じものばかり食べていると飽きますよね。

そんな時は、スープ自体をミキサーで攪乱し、ポタージュにしたり

豆乳や、キムチなどお好きな味を混ぜてアレンジして下さい。


甘味料や油を使わなければ、どんな調味料を使っても問題ありませんよ。




食べ方、食べる時間


①夕食の一番初めに食べる。
(お腹いっぱい食べても、わずか100kcalしかありませんので安心して食べれます。)

②1日1回は食べる。
(最低でも1日1回は食べる事を1週間続けて下さい。)

③期間中は酒類は絶対摂らない。
(酒類に限らず清涼飲料水や甘味料、小麦食品なども摂らない。)

④お肉やお魚も摂ってもいいけれど、油を使わずに調理する。
(ただし鶏肉のみ皮を外せば焼いたものでも食べれます。)


ダイエット期間終了後、いきなり通常の食事に戻すと

リバウンドが予想されますので、少しずつ調整しながら元の食事に戻して下さい。



保存方法


1日1回は火を通し、冷蔵庫で保管して下さい。


お昼など会社に持参される際は冷凍しておき、当日自然解凍されるよう調整して下さいね。








スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly
カロリーゼロ食品でも太る!?
カロリーゼロ
五感コントロールで食欲を抑える
五感コントロール