Dの意志~ダイエット情報館~

コレステロールを下げる食事を意識してダイエットに活かそう!

コレステロール

健康を気にする方やダイエットをしている方には気になるコレステロール

悪玉コレステロール、善玉コレステロールとよく耳にしていますが、実際にどんな働きをし、どんな影響を及ぼすのでしょうか。



スポンサーリンク


コレステロールとは?体への必要性

コレステロールは、脂質の一種で細胞膜やホルモンなどを構成するのに必要な成分です。

1日に1,000~1,500mg必要とし、その内の2/3を体内で生成して残りの1/3は食べ物から摂取しています。

コレステロールが低すぎるとホルモンのバランスが崩れたりしますので、全く摂らないといった生活は逆に良くありません。

また、コレステロールには悪玉コレステロールと善玉コレステロールがありますが、悪玉コレステロール(LDL)は、血液を通して体の各所に必要なコレステロールを運ぶ役割をしています。

つまり、生きていく上では欠かせないものです。

ただし、コレステロールを必要以上に摂りすぎてしまうと余ってしまった分が血液内壁にくっつき、そのまま放っておくと塞がってしまい心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすというリスクがあります。

しかし、これ等の余分なコレステロールを取り除き、肝臓まで運ぶ役割を担っているのが善玉コレステロール(HDL)です。


ダイエットとの関係、高いとどうなる?

コレステロール
悪玉コレステロールと善玉コレステロールは互いにバランスをとって存在しています。

悪玉の作用を抑える働きが善玉にはありますが、善玉ばかり摂っていても逆に肥満の原因にもなります。

その為、両方のコレステロールをバランスよく維持してあげる事が大切です。


コレステロールを下げるには?

コレステロールを下げるには以下の方法があります。

①コレステロールを下げる食材を摂ります。(青魚、豆類、海藻、野菜など)
②コレステロールの多い食品は避ける。
③中性脂肪を減らす。
(中性脂肪とコレステロールは関係しており、中性脂肪が高いと善玉コレステロールが減り
 コレステロール値が高くなってしまいます。)


近年では、大豆に含まれる大豆たんぱく質がコレステロールを改善する効果があると多くの論文で証明されています。
そのため現在では特定保健用食品として認可されているようです。

大豆と言えば納豆や豆腐で手軽に食べることができるので、積極的に摂取するといいでしょう。

もちろん、豆乳からも摂取できますので、豆乳ダイエットの実践でもコレステロールの対策が一緒にできます。
豆乳ダイエットの方法と効果とは?飽きないおすすめアレンジレシピ!

コレステロール値が高いというのは、高脂質のものや運動不足の人に多くみられる状態ですので、なるべく高脂質の物は避け、適度な運動をする事でコレステロールを下げる事ができます。


コレステロールの高い食品

コレステロールの高い主な食べ物は、肉類(とくにレバー)魚介類、ラーメンやクリームパンなどの穀類。

生クリームやクリームチーズなどの乳製品。
(ただしヨーグルトのように乳酸菌が入っているものは省く。)

そして、バターやマヨネーズといった動物性の油で出来た調味料となります。


ダイエット中の方は食事の際に少し意識してみましょう。

【ダイエット前に知っておきたい】
基礎代謝を上げる方法と基準値は?
脂肪の役割と遺伝について




スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly
カロリーゼロ食品でも太る!?
カロリーゼロ
五感コントロールで食欲を抑える
五感コントロール