豆乳ダイエットの効果的な方法は食事前と生理前!?その仕組みとは?

豆乳ダイエット 方法

今、若い女性の間で人気の豆乳ダイエット

健康的に痩せられる上、効果も高い事から若い女性中心に抜群の人気を誇っているダイエットです。

ここでは、豆乳ダイエットの効果的な飲み方や美味しく続けられるアレンジレシピ、生理時の摂取について解説していきます。

スポンサーリンク


豆乳のダイエット効果

昔から豆乳は健康に良い飲み物として注目されてきましたが、ダイエットにも有効な成分が含まれています。

それが大豆サポニンです。

この大豆サポニンは、脂肪を燃焼する働きを活発にしてくれます。
痩せるためには、脂肪の燃焼は必須です。

基本的には有酸素運動を行うことで脂肪が燃焼、つまり皮下脂肪が減少して見た目にも痩せていく事ができます。
豆乳を飲んで大豆サポニンを摂取することで、脂肪燃焼効果を上げて痩せやすい状態を作ることが期待できるのでダイエットに有効となっています。

さらに大豆サポニンには、脂肪の吸収を抑える効果があります。

つまり、食事から摂取した脂質を吸収させず排出してくれるので、太りにくい状態にしてくれます。

豆乳を飲むだけで、この2つの効果が得られるので、ダイエット中には非常に嬉しい飲み物だと言えますね。

また、豆乳にはカリウムも豊富に含まれています。

カリウムは、むくみの解消にもつながるので、夕方になると足がむくむという方も毎日豆乳を飲むことで予防することができます。
ダイエットするならカリウムは必須!特徴と効果を知ってダイエットの効率化に!

その他にも豆乳を飲むことで、血行促進と便通改善に良いとされ、結果として代謝が良くなるので、この点からもダイエットに有効だと考えられています。

豆乳は健康や美容効果も!

ダイエットとして注目度が高まってきましたが、豆乳はもともと健康や美容にいい飲み物として有名でしたよね。

ダイエット効果でも挙げた血行促進については、免疫力の向上にもつながります。

そして大豆レシチンと呼ばれる成分も摂取できるので、コレステロールの排出効果があり、生活習慣病の予防になります。

豆乳は大豆からできていますので、当然大豆イソフラボンも含まれています。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンの低下や乱れをサポートしてくれるので、生理前に飲まれる方も多いのではないでしょうか。

また、イソフラボンは、肌の保湿力と新陳代謝を高めるので、美肌効果も期待できます。

このように、豆乳だけで、健康や美容、ダイエットにいい成分を摂取することができるので、毎日飲むという習慣化は非常にメリットがあります。

豆乳ダイエットの効果的な方法

豆乳ダイエット 方法

豆乳を飲むだけで様々な効果が得られますが、ダイエットを意識して飲み方を工夫すると、さらに効果的に実践することができます。

効果的な方法としては、豆乳を飲むタイミングを食事の30分前に飲むこと

これにより、先ほど挙げた脂質の吸収を抑える働きを活かす事ができますので、同じ食事量でも脂肪の吸収がされずらく、太りにくくなります。

そして、食事前に飲むので多少の満腹感を得ることができ、食欲の抑制にもつながります。

食事前に水を飲んで食欲を抑制するダイエット法がありますが、水よりも豆乳の方が腹持ちがよく、ダイエットに有効な成分も摂取できるので、豆乳をオススメします。

この方法で、豆乳を朝昼晩の食事前に少量づつ飲むと効果的ですが、毎食は難しいという場合には、食事量の多くなりがちな夕食や昼食前に飲むといいでしょう。

だたし、後でも説明しますが、豆乳は1日200mlまでとしてください。

また、生活の都合上、食事の30分前に飲むのが難しい方は食事中でもいいので、毎日飲むようにしましょう。

豆乳の1日に飲む量は?

これだけ優れた成分を含む豆乳でも、飲む量には決まりがあります。

1日コップ約1杯分となる200mlまでを守るようにしてください。

過剰に飲んでしまうと、ホルモンバランスの乱れなど健康悪化となる可能性があります。

豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、1日75㎎適量となっており、摂取しすぎると生理周期が乱れるなど、女性特有の疾患を引き起こす可能性があるとされています。

豆乳であれば1日200mlを限度に飲んでいれば問題ありませんので、毎日過剰に飲み過ぎることが無いようにしてください。

生理前に飲むことで効果的に!

豆乳 生理前

女性は生理前になると、様々な問題が出てきます。

人によって体質が違いますので個人差がありますが、便秘になったり食欲が増える、体重増加、むくみやすいなど。

これらは生理が近くなることによるホルモンバランスの乱れが原因です。

そして、生理前は余分な脂肪や水分を身体に溜め込み、生理後に排出するという仕組みがあります。

この仕組みを利用したダイエット法があるのをご存知でしょうか。

生理前(10日前から)に豆乳ダイエットを実践して、大豆サポニンによる脂肪の吸収を妨げるなど、余分なものを溜めこまないようにすれば、生理後の排出でもともと蓄積されていた余分なもの(脂肪の燃焼など)を排出することができます。

つまり、生理前に本来溜めこむべきものを抑えて、生理後の排出作用で脂肪などを減少させるという事です。

この生理の仕組みと豆乳の効果を組み合わせることで、効率的なダイエットが可能となります。
カロリーだけじゃない!ダイエットに大切な食事の摂り方について

豆乳を美味しく飲む方法は?

毎日豆乳を飲むのは飽きるという方は、少しアレンジしてみると楽しく続けられるかもしれません。

簡単に手に入るもので作れるレシピを紹介します。

【豆乳バナナドリンク】
材料コップ1杯分
豆乳100~150ml バナナ1本

適当な大きさに切ったバナナと豆乳をミキサーにかけ、とろとろになるまで混ぜたら完成です。

バナナは腹持ちもいい上、栄養価も高いので、非常にダイエットに向いた食材となっています。
またバナナそのものに甘みがありますので、豆乳に混ぜると飲みやすいですよ。

バナナ以外にも、きな粉や、青汁の粉末、ココアパウダー、パイナップルジュース等でも飲みやすくなります。

食べる場合ですと【豆乳鍋】がオススメです。

作り方は簡単で、味付けした豆乳に(和風や中華などお好みで)好きな食材(野菜に限らず海鮮等でもいいですよ)を入れて食べるだけです。

加熱により豆乳の臭いを抑える事が出来ますから、鍋の時は無調整豆乳を使うのがいいですね。

また、無調整豆乳ならではの湯葉も楽しめるのも豆乳鍋の魅力です。

このように、豆乳が苦手な方でもアレンジして摂取することで継続しやすくなります。
ただし、アレンジしたことによって高カロリーにならないように注意してください。

ルイボスティーの効能がダイエットにも効果的!実践方法・飲み方は?

効率的な摂り方や手軽な摂取方法

豆乳ダイエット

無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料など、数々の種類がありますが、やはり一番効果がでるのは無調整豆乳です。

食事前に飲む豆乳を、無調整豆乳にする事が一番効率的なやり方になります。

しかし、苦手な人が、いきなり無調整豆乳に手を出すと失敗に終わる傾向が多いので、まずは調整豆乳や豆乳飲料から試す事をオススメします。

また、バナナやきな粉等を混ぜる事で、ダイエットの相乗効果も得られますので無調整豆乳だけよりも、それらの材料を混ぜて摂るのがいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする