Dの意志~ダイエット情報館~

産後ダイエットはいつからするのが効果的?必要性とおすすめの方法!


産後ダイエット












可愛い赤ちゃんを産んだ後
体型が元にが戻らない!ってママさんは多いのではないでしょうか?

筆者もその一人で、なかなか戻らず苦労し何度も挫折した経験があります。

そこで今回、筆者も実際に実践し、成果の得た産後ダイエットについてご紹介したいと思います。




スポンサーリンク




産後太りについて


赤ちゃんを守る為、脂肪が蓄積される事と
赤ちゃんが産まれる際、産道を通る事で骨盤の形が歪んでしまい
産後元に戻ろうとしても、骨盤が広がりきっていたり
筋肉が足らない事で、内臓が下がり代謝が落ちてしまっています

これ等が原因で、下半身が大きく感じたり、腰痛、肩こり、むくみとなり
太りやすくなってしまいます。



産後ダイエットの必要性


産後は赤ちゃんの事でいろいろ大変ですが、太ったままでいるとメタボリックシンドローム(内臓脂肪肥満型、高血糖、高家圧、脂質異常症)になるリスクが上がってしまう為、産後ダイエットをする必要があります。

メタボより怖いサルコペニア肥満とは?


産後ダイエット



産後ダイエットにおすすめの方法


①骨盤ベルト着用+散歩
骨盤が開いたままだと、どんなに体重が減ってもお腹の脂肪は残ります。
ですから、骨盤の歪みを戻す為にベルトをするよう、出産後病院でも言われたりしますよね。
ただ、筆者個人の感じたところ、巻いているだけでは効果は感じられませんでした。
しかし、骨盤ベルト+ベビーカーで赤ちゃんとお散歩を続けていると痩せました。
短期間で効果が出るわけではありませんが、数ヶ月続けていると「あら?」って感じで実感できます。
散歩は赤ちゃんの日光浴や日々のストレス発散にもなりますので、おすすめです。



②ヨガ
タレントの藤本美貴さんも実践され3ヵ月で-14kgの減量に成功されましたが
ヨガは体に負担を掛ける事なく痩せる事が出来ますので、産後にはピッタリのダイエットです。
ヨガをする事で、代謝の向上、ストレス解消にもなります。
筆者は、動画を見ながら、赤ちゃんの寝ている間にしていましたが
散歩に連れ出せない時期などには、ストレス解消として使えたので良かったですよ。



③育児ダイエット
赤ちゃんがいると、赤ちゃんに手が掛かりますよね。
ダイエットのポイントも実はココにあります。
例えば母乳ですが、この母乳はママが食事で摂ったものが、そのまま赤ちゃんの栄養になります。
ですから、母乳の為にバランスのいい食事を心掛けるだけで、余分な物は摂りませんよね。
更に母乳を上げる事で、2時間ウォーキングした分と同等のカロリーを消費してくれているんです。
3時間おきに起こされたり…とママは色々大変ですが
続ければ痩せれると思うと楽しくなりましたよ。


骨盤底筋を鍛えるケーゲル体操がダイエットにも効果的!


いつから開始するのがいいか、その他注意点


産後ダイエットのタイミングは、産後3ヵ月から10ヵ月以内で、なかでも脂肪が定着しにくい
産後6ヶ月以内が一番いいとされています。

また、遅くても2年以内に元に戻さないと、戻りにくくなります。

ただし、産後1ヵ月以内は体力の回復や授乳などもある為
無理なダイエットは身体の負担となり、母乳の出や栄養素に影響してきますので
産後1ヵ月間は安静に過ごしましょう。





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly
カロリーゼロ食品でも太る!?
カロリーゼロ
五感コントロールで食欲を抑える
五感コントロールで食欲を抑える