ナッツをダイエット中の間食として食べると効果あり!?

ナッツダイエット

あまり耳にしたことがないナッツダイエット

ナッツには脂質があり、カロリーが高いためダイエットには不向きに思われがちですが、間食代わりに食べるなど工夫することでダイエットに効果的な食べ物になります。

スポンサーリンク


ナッツの栄養素・ダイエット効果

まずは、ナッツの栄養素について。
ナッツ自体は高カロリーなので敬遠されてきたものですが、最近ダイエットに効果があると注目を浴びています。

ナッツには、脂質とビタミンとミネラルが多く含まれています。
脂質と聞くとダイエットには不向きかと思われがちですが、この脂質がダイエットを成功させるための鍵となります。

実はナッツの脂質は良質の油であり、その油がダイエットに効果的。

ナッツの約半分は脂質でできているので、当然高カロリーですが、この油は不飽和脂肪酸です。

つまり、中性脂肪やコレステロール値を調整してくれる良質な油なんです。
ナッツの他には、魚類やごま油、オリーブオイルに多く含まれています。

反対に飽和脂肪酸というのは、中性脂肪やコレステロールを増やすので、摂りすぎると太る原因になるものです。
牛脂やバターに多く含まれており、動物性の脂質といえば分かりやすいかと思います。

なので、ナッツはカロリーが高いものの、上手に食べる事でダイエットの味方にすることができるのです。

更にナッツには、ビタミンEがとても豊富に含まれているため、冷え性の方に有効です。
冷え性だと代謝が悪くなりますので、ダイエットの効率を悪くしてしまいます。

ナッツダイエットの方法!食べ方は?

ナッツダイエット

さて、ナッツダイエットの方法はどのようにしたらしいのでしょうか?
まずはダイエット中のどのようなタイミングでナッツを食べると効果が期待できるのかをみていきたいと思います。

実は、ナッツが最もパワーを発揮するのがおやつの時間帯です。

ダイエット中といっても三食の食事以外に小腹がすく時がありますよね。
その時にお菓子を食べてしまいがちですが、そのお菓子の代わりにナッツを食べるとダイエット効果につながります。

お菓子は消化が早いため、一時的に食欲を満たしたとしてもすぐにまたお腹が減ってしまいます。

そして、急激に血糖値が上がってしまい、脂肪が蓄積されてしまいます。

しかし、おやつの時間にナッツを食べるとお菓子に比べてゆっくりと血糖値が上がっていくため、脂肪になりにくくなります。
低インシュリンダイエットの方法とGI値とは-血糖値の低い食品は?

さらに腹持ちもよく、満足感を得ることもできます。

ただし食べ過ぎは禁物です。
栄養価が高く良質な脂質といってもカロリーが高いので、食べる量には注意してください。

そして、栄養の偏りが出るので、食事に置き換えて食べるのもNGです。
ストレスを感じたら間食を!ダイエット中にピッタリな手作りおやつ3選!

ナッツダイエットの注意点

ナッツ

やはりダイエットで気になるのは塩分。
そして普段から塩分は食事でとっているので一体どうしたらいいのでしょうか?

そんなナッツダイエットでオススメするのは、無塩のナッツです。
おつまみ用に加工されたナッツは塩分が豊富なので向きません。

ナッツダイエットに使用するナッツは、シンプルにローストされたものが一番です。
無添加であれば尚良いでしょう。

そして、よく噛むことで満腹中枢が刺激されて、食べ過ぎを防いでくれます。

ちなみに塩分はむくみの原因にもなりますので、無塩のナッツダイエットはむくみの予防にもなります。
女性なら気になる-足のむくみの原因と治し方!塩分の摂り過ぎに注意!

ナッツダイエット総評

ナッツはダイエット中には敬遠されがちな食べ物ですが、食べ方を工夫するとダイエットの味方になります。

食べる際は、特徴と注意点をしっかり理解しておきましょう。
・ナッツは脂質が高いが、その油は不飽和脂肪酸で中性脂肪やコレステロール値を調整してくれる良質な油。
・食べる時は、おやつ代わりに間食として。
・血糖値の上昇が緩やかで、腹持ちも良い。
・むくみの防止や健康のためにも無塩のナッツを食べる。

これらのポイントを抑えて、無理なくストレスを感じずダイエットをできるようにしたいですね。
ただし、もう一度言いますが、ナッツはカロリーが高いというデメリットもありますので、食べ過ぎには注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする