Dの意志~ダイエット情報館~

太りやすい体質は遺伝が関係する?遺伝子別ダイエット法が効果的!



遺伝子3













効果的なダイエットをいくつもしてみたけれど全く効果がない。
そんな方いらっしゃいませんか?

実は痩せやすい人・太りやすい人といった体質には遺伝が関係しています。
同じ様にやっても痩せるとは限らないんです。
その気になる遺伝とダイエットの関係について詳しく調べてみました。



スポンサーリンク



体型(体質)は遺伝で決まる?


私達、人の体は両親から半分ずつ貰った遺伝子という設計図を基に作られている為
顔や背格好などの体型が両親に似ているの当たり前です。

体型が似ているという事は、もちろん体質も似ています。
その為、痩せやすい・太りやすいといったものは両親から遺伝します。

肥満に関係する遺伝子は世界中で確認されており
両親とも標準体型の場合、肥満になる可能性は10%に対し
片方が肥満の場合、約50%もの確率で肥満になります。
また両親が肥満の場合、肥満になる可能性は約80%にまで上がります。

しかし、体質が決まるのでは遺伝だけの問題ではなく環境も大きく関わっている為
太りやすい遺伝子の人が太りやすい環境にいる事で初めて肥満体型が作られます。

その為、遺伝子的に太りやすい体質を持っているからと言って
全ての人が太るわけではありませんので、日頃から日々の生活に注意し
太らないように気を付けるだけで肥満を阻止する事が出来ます。

また両親の遺伝に関係なく、太古の昔、食事事情が厳しく餓死から生き抜く為に
脂肪を蓄える目的で出来たのが「倹約遺伝子」ですが
現代では、高脂肪食や糖質の高い食品、交通機関の発達などにより
本来餓死を阻止する為の倹約遺伝子が肥満遺伝子という形で残ってしまった事で
人間そのも自体太りやすくなっています。


遺伝1


遺伝子による太り方


現在の研究結果わかっている肥満に関わる遺伝子は約60種類以上あるとされています。

なかでも3種類の遺伝子が肥満に大きな影響があるとされていますが
その遺伝子を体質区分したのが「リンゴ型」「洋ナシ型」「バナナ型」です。

リンゴ型(ベータ3AR遺伝子)
内脂肪がつきやすく、お腹周りが太くなりがちな上半身肥満方やぽっちゃり体型。
炭水化物が好きで、お腹が空くとイライラする傾向があり食べ物の誘惑に勝てないタイプ。

洋ナシ型(UCPI遺伝子)
上半身より下半身が太くなるタイプで、お尻や太腿に脂肪がつきやすい。
脂質の多い食べ物を好み、燃焼しにくい皮下脂肪が多い為痩せにくい体質です。
日本人の4人に1人が当てはまると言われています。

バナナ型(ベータ2AR遺伝子)
基礎代謝が高く全体的に細身で太りにくい体質をしていますが
一度太ってしまうと痩せにくい特徴を持っています。
あっさりとした食べ物を好み、朝食を抜きがちな人が多く
食事時間も不規則でもこだわらない傾向の人が多いタイプです。


遺伝子2


遺伝子別ダイエット方法


自分の遺伝子に合ったダイエット行う事で、ダイエットの効果を高める事が出来ます。

リンゴ型
炭水化物を好むリンゴ型ですが、実は3タイプの中で最も基礎代謝が低く
他のタイプと同じ量の食事だと1日150kcalずつ太っていきます。
また、糖質の代謝を苦手としている為糖質で太ってしまうのもリンゴ型の特徴です。

そんなリンゴ型におすすめダイエット法は有酸素運動や
お腹周りに脂肪がつきやい為、腹筋などお腹を鍛えるエクササイズなどがおすすめです。

食事内容も野菜→海藻類→スープの順に食べ
次に肉や魚などのタンパク質が多い食品
最後に主食(炭水化物や芋類)を食べるようにしましょう。

炭水化物を最後に食べる事で、量を摂れないようにしています。
同じ白米でも七分づきや、パンなら全粒粉のパンを選ぶといいでしょう。
糖質の摂り過ぎに注意が必要な為、炭水化物などの量を意識して摂る事が大切です。
また、早食いの人が多く、ついつい大食いになりがちの為
ゆっくり噛む事で食べ過ぎを抑える事が出来ます。


洋ナシ型
下半身を中心に太りやすく、男性より女性に多いのが特徴の洋ナシ型ですが
筋肉の衰えや脂肪の蓄積、骨盤の歪み、また塩分の摂り過ぎによるむくみなどが
主な原因となっています。

そんな洋ナシ型におすすめのダイエット法は骨盤の歪みを解消するエクササイズや
下半身を鍛える事ができるスクワットやウォーキングなどがおすすめです。

食事内容に関しては、糖分の摂り過ぎよりも塩分の摂り過ぎでむくみやすくなっている為
麦茶やミネラルを含む飲み物や食べ物を意識して摂る事でむくみを解消できます。
また脂質の代謝が苦手な傾向にある為
食事の順番も、野菜→海藻類→スープ→主食(炭水化物や芋類)
最後に脂質の多い食品(魚や肉)などを食べるようにしましょう。
脂質の多いおかずなどは、必ず最後に食べるようにし
なるべく野菜や炭水化物でお腹を膨らませ、おかずは少量にしましょう。


バナナ型
基礎代謝が高く太りにくいですが、筋肉が落ちやすい傾向がある為
一度太ってしまうと一番痩せにくい体質で、下腹部がぽっこりしている人が多く
隠れ肥満タイプです。

そんなバナナ型におすすめのダイエット法は、筋肉がつきにくい為
負荷をかけて行う筋トレがおすすめで、ダンペルなどを使って筋肉を増やす運動をしましょう。

食事内容に関しては胃腸が弱い為、便秘と下痢を繰り返しやいので、
一度にたくさんの量を摂取しないようにし、また良く噛む事で
たくさん唾液を出す事で消化吸収を高める工夫をしましょう。
また、動物性タンパク質より大豆など、胃腸に優しい植物性タンパク質を摂るようにしましょう。

バナナ型は筋肉がつきにくい傾向があるので
食事の順番は魚や肉などのタンパク質から食べ始め
次に筋肉や骨などの合成を促すビタミン類を含む野菜や海藻類
最後に主食を食べるようにしましょう。



まとめ


遺伝とダイエットの関係についていかがでしたでしょうか?
今までいろいろなダイエットを実践してきたけど、全く効果がなかったと諦めていた方は
遺伝を利用したダイエット法を、ぜひ一度試してみて下さいね。





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly
カロリーゼロ食品でも太る!?
カロリーゼロ
五感コントロールで食欲を抑える
五感コントロールで食欲を抑える