酢玉ねぎの効能はダイエットにも効果的!?食べ方や保存期間は?

酢玉ねぎ

安価で手に入る玉ねぎは、非常に栄養価が高くダイエットにも有効な効能があります。

そして、お酢にもダイエッターに嬉しい成分が含まれているという事で、この2つを組み合わせた酢玉ねぎを食べるというダイエット法がテレビでも話題になりました。

ここでは、酢玉ねぎの効能や食べ方・保存期間などについて解説します。

スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1160340469906546"
data-ad-slot="1189814439"
data-ad-format="auto">



玉ねぎはダイエッターおすすめ食材

酢玉ねぎ
玉ねぎといえば、サラダでも食べることができますし、他にも煮込み料理や炒め物など、様々な調理法に使われています。

実はそんな玉ねぎにダイエットの効果があったことはご存知でしょうか?
玉ねぎを食べるだけでダイエットサポートになるのであれば、とても嬉しいお話ですよね。
なぜなら玉ねぎはとても安くで手に入り、気軽に調理ができるからです。

スーパーへ買いに行くとわかりますが、地方で売られていたら1個10円という安さで変えますし、都会でも一個30円から40円で買うことができますよね。

ダイエット食品の中には効果が高くてもお値段がそれなりにするものもたくさんあります。

当サイトでも様々な野菜に秘められたダイエット効果を紹介していますが、値段が高くて頻繁に食べられないというのがネックになる部分もあります。
ブロッコリースプラウトの効果が優秀すぎる!?必要摂取量と食べ方は?

そんな中でも、玉ねぎは手軽に購入することができ、あらゆる料理に使用できるので、ダイエット食品としてはとてもおすすめできます。


酢玉ねぎの効能

玉ねぎをお酢に漬けるだけでダイエットに嬉しい効果が倍増します。
その酢タマネギは、玉ねぎをお酢に漬けた食品で、テレビ番組や雑誌などでも特集されていて話題になりました。

酢タマネギという名前を聞いたことがある方も多いかと思います。

酢タマネギは健康効果の他にダイエット効果も期待されていて、ダイエットのためにこの酢タマネギを食べる方もたくさんおられます。

お酢と玉ねぎの両方にダイエットに有効な成分が含まれているので、同時に摂ることでさらに効率よくダイエットが実践できます。

【玉ねぎ】
玉ねぎを切った時に涙が出るかと思いますが、その涙を誘発させている硫化アリルという成分。
この硫化アリルは、ビタミンB1と結合することで、糖と脂肪を分解して消化を促してくれます。

結果として脂肪燃焼効果が促進されますので、日常的に食べていく事でダイエットに適した食事管理ができます。

また、その他にも玉ねぎに含まれているオリゴ糖は、腸内環境を整えて便秘解消にもつながります。

便秘が解消されると代謝も良くなりますので、ダイエットをする時には、まず便秘解消させることが効率的とされています。
便秘の解消が手軽にできる6つの小技!ダイエットにも有効?

【お酢】
そして、お酢には血行を良くする成分が含まれています。

血行促進されると、老廃物の除去(デトックス)につながり、むくみにくい体質になります。

さらに、身体が冷えにくい状態になるので、基礎代謝の向上にもつながります。

お酢は、疲労回復効果もあるという事で、スポーツ選手も積極的に飲んでいるようです。
りんご酢ダイエットの正しい方法-飲むタイミング-注意点は?


このように、お酢と玉ねぎの両方にダイエットに有効な成分が含まれているので、同時に食べることで効率的な食事ダイエットが実践できます。

脂肪燃焼効果と代謝がよくなるので、運動なども取り入れると更なるダイエット効果が期待できますよ。


酢玉ねぎの食べ方

酢玉ねぎの効能
作り方は、玉ねぎを薄くスライスして保存容器に移します。このスライスした玉ねぎは洗わないでください。

そして、玉ねぎ1個に対して、お酢を大さじ5杯と塩少々、お好みでハチミツを大さじ1杯入れます。

あとは、2日ほど寝かせれば完成です。

酢玉ねぎは、1日30~50g程度食べれば十分だとされています。
この時、できるだけお酢も一緒に飲むようにしてください。

ただ、玉ねぎは刺激が強い食材ですので、効果があるからといって、食べ過ぎてしまうと人によっては腹痛を引き起こしてしまう可能性があります。

毎日適量を長期間継続していくようにしましょう。

食べにくい場合は、ハチミツの量を増やして甘くしても良いですが、入れ過ぎるとカロリーが高くなってしまうので注意してください。


酢玉ねぎの保存期間

酢玉ねぎは、冷蔵保存状態で約1週間ほど日持ちします。

ですので、余裕がある方は、大きめの容器で作り置きしておくと毎日食べるのが楽になるかと思います。

保存する時は、いつ作ったものか確認できるようにしておきましょう。

過熱と生で栄養が変わる?

玉ねぎを食べる際、生で食べるのと加熱してから食べるのとどちらが栄養が高いのでしょうか?

調べてみると、実は加熱したほうが栄養価が高いことがわかります。

酢玉ねぎとして食べる際は、生の玉ねぎを使いますが、玉ねぎ自体は加熱しても栄養価が高いので、いろんな料理で活用してみるとダイエットにも良いかと思います。

そして、もう一つ、これまで酢タマネギをご紹介しましたが、玉ねぎの皮をお茶にしたものもとても体にいいことがわかっています。

皮には、ケルセチンと呼ばれる成分を始め、ビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。

料理には使いづらいですが、お茶にして飲むと摂取しやすいかと思います。


酢玉ねぎダイエット総評

皮も栄養価が高いということで、玉ねぎ自身がとても栄養価を持っていてコスパがいいことが分かりましたね。

玉ねぎも酢もダイエット効果が高く、栄養補給にも最適なので運動や置き換えダイエットを行ってる方でも、酢玉ねぎを取り入れると効果的となります。

玉ねぎは安価で手に入って、作り置きして毎日食べるだけなので、継続性もあって非常におすすめのダイエット法です。

ぜひ試してみて下さい。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする