Dの意志~ダイエット情報館~

ダイエットにも良いカルニチンの効果的な摂取法と必要摂取量は?


カルニチンの摂取量













カルニチンは、脂肪燃焼に関わりがある物質として知られており、サプリメントなどでも売られています。
そんなカルニチンとダイエットの関係、効果など紹介します。




スポンサーリンク



脂肪がエネルギーとして使われる工程とカルニチンの役割


脂肪を燃焼するにはミトコンドリアまで到達しなければなりません。
まず全身にある脂肪細胞でリパーゼという酵素によって中性脂肪が加水分解され、脂肪酸とグリセロールに分かれます。
脂肪酸は血中に放出され、血流に乗って全身の細胞へ運ばれていきます。

エネルギー源を必要とする細胞は血流に乗ってきた脂肪酸を細胞内に取り込みます。
そして細胞内にはいった脂肪酸をミトコンドリアまで運ぶ役割を担っているのがカルニチンです。

実際にはカルニチンは筋肉細胞にそのほとんどが存在しています。
なので筋肉細胞内でミトコンドリアに脂肪酸を運搬しているといった方が正しくなります。



カルニチンを多くとったら痩せるのか?


カルニチンなしでは脂肪をエネルギーに変える代謝に不具合が出てしまうので、なくてはならない物質だと言えます。

ただ、多く取るとそれだけミトコンドリアでの脂肪酸の代謝が増えるかどうかは完全にはわかっていません。

少なくとも不足すると脂肪燃焼が滞ることがあり、痩せないということは考えられますので、不足しないように気をつけることは重要だと言えます。



ダイエットとの関係


カルニチンは脂肪を燃焼させる効果で有名ですが、実際にカルニチンそのものが脂肪を燃焼させているわけではありません。

脂肪を燃焼・分解しているのは先ほどご説明した細胞の中にあるミトコンドリアです。
ミトコンドリアは脂肪をエネルギーへ変える機能を持っています。

そして、ダイエット効果を高めるためには、もとより体についている脂肪を燃焼させることも大切ですが、新たな脂肪を蓄積しないように代謝を上げていくことも重要になってきます。
基礎代謝の計算方法と基準値!代謝を上げる食事や運動とは?

代謝が低い状態で食事制限や運動を行い、ダイエットに成功しても太りやすい体質は変わっていません。
この状態で食生活を戻すと高い確率でリバウンドしてしまいます。

ダイエットを成功させるためには、食事にも注意をはらいましょう。
栄養素の役割をしっかりと知って、ダイエットに効果的な食品を摂取し、太りにくい体作りを行っていくことが最も効果的なダイエットの方法です。



カルニチンの効率的な摂取方法


摂取頻度
サプリメントには大きく分けて、「摂取して比較的短時間に効果が現れやすいもの」と「継続的に摂取することで力を発揮するもの」の2つのタイプがあります。
カルニチンは後者のタイプになりますので、毎日続けて摂取することが重要なポイントになります。


摂取量
生活習慣や体質により必要量は変わってきますが、一般的には200から500ミリの継続的な摂取が望ましいと言えます。
カルニチンは野菜や果物にほとんど存在せず、主に肉類の赤みに含まれている成分であるため、和食を中心とする日本人の場合、通常の食事からは十分に取ることは難しいと言われています。
その点からもサプリメントで無理なく補給することをおすすめします。
そして、摂取するタイミングも決められていないので、ご自身に生活スタイルにあわせて飲むことをおすすめします。


このようにダイエッターにとっても必見となるカルニチンですが
カルニチンのサプリメントを使い健康的にダイエットがしたいですね。

食事はしっかりとって、そのおまけにカルニチンを取る、という方法がいいですね。





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly
カロリーゼロ食品でも太る!?
カロリーゼロ
五感コントロールで食欲を抑える
五感コントロールで食欲を抑える