ダイエットを始める前に一覧

本気でダイエットする人限定!確実に痩せる3つの方法とは!

確実に瘦せるダイエット法は存在します。 今回こちらでご紹介しますのは、確実に痩せたい人に実践してほしいダイエット法。 ただし「確実に瘦せる」と謳っているいる為、生半可な気持ちではできません。 なので、最後までやり遂げる!といった気持ちで挑める方だけ読むようにしてください

効果的にメタボ解消するには運動・食事・筋トレとトマトジュース!

メタボには嬉しい効果が、たくさんありますので、トマトジュースが飲める方は1日3食の食前にコップ1杯(200ml)を飲むようにしてください。 ただし、トマトジュースには「塩分」が含まれているものがありますので、必ず原材料を確認し、食塩などが含まれていない無塩のものを選ぶようにしましょう

便秘解消が手軽にできる6つの小技!ダイエットにも有効?

便秘には「機能性便秘」と「器質性便秘」の2種類があります。 機能性便秘は、便が作られる際に、その過程や排出する際に障害が起こる事ですが 胃・小腸・大腸などの機能低下により急性便秘、慢性便秘、医原性便秘になります。 「急性便秘」は、食物繊維や水分の不足、環境の変化によるストレス、運動不足でなります

内臓脂肪を減らすにはまず自分のレベルと平均を知ることから!皮下脂肪との違いは?

体内の奥にある内臓の周囲や腸など 外からは見る事の出来ない部分に付いてしまうのが内臓脂肪です。 内臓脂肪は生活習慣の影響が受けやすく また、ホルモンの関係上男性に付きやすい脂肪となっています。 放っておくとメタボリックシンドローム(通称メタボ)となってしまい 糖尿病や動脈硬化を招いてしまう恐ろしい脂肪です。

筋肉低下は危険!?サルコペニア肥満とは?原因と対策

サルコペニア肥満は、一言で言うと筋肉の減少+肥満の両方をあわせ持った状態の事を言います。 サルコペニア肥満は、筋肉が減少した事で脂肪が増加する為 体重や体型が変わらない場合があり、非常に気づきにくい状態です。 発見が遅れる事も多く、生活習慣病などの進行も早まります。

腸内細菌とダイエットの関係!痩せる細菌を増やせばカロリーの吸収量が減る!?

善良菌の代表である、ビフィズス菌や乳酸菌は実は痩せる細菌と呼ばれており、痩せている体質の方に多く存在しています。この菌を増やす事で、カロリーの吸収量が減ったり、体脂肪・体重の減少効果を得られますがこれ等の効果はマウスを用いた実験で科学的に実証されています。 逆に少ないと体重が増加してしまうのは、カロリー

ダイエットするならカリウムは必須!特徴と効果を知ってダイエットの効率化に!

カリウムには利尿作用があり、むくみの原因となる塩分を体外に排出してくれるのでむくみが解消されます。 利尿作用が高まると、不要な老廃物(ナトリウム等)を排出する事が出来る為、新陳代謝が高まり脂肪燃焼や冷え性改善などに効果があるとされています

基礎代謝の計算方法と基準値!代謝を上げる食事や運動とは?

年齢、性別毎で異なりますが【基礎代謝基準値】×【体重】で計測します。 この基礎代謝基準値ですが、厚生労働省が公表している物を参考にしています。 【例】年齢が30歳で体重が48kgの場合ですと21.7(kcal/kg)×48(kg)=1041.6ということになり、基礎代謝量は1041kcalとなります。