方法一覧

超簡単な寝ながらダイエットの方法!習慣化で消費カロリーup

寝ながらダイエットは、個人差があるものの、あまり大きな効果が期待できるものではありません。 理想としては、他のダイエットと併用して行う事でより効果を発揮します。 ただし、日々の習慣づけにもなりますし、何よりも「やらないよりやったほうがいい」ことは間違いありません。

8時間ダイエットの方法と注意点!飲み物は何なら大丈夫?

8時間ダイエットというものは、「一日の食事を8時間以内に食べる」というとてもシンプルなダイエット方法です。 例えば、朝の九時に朝食を食べて、夕食は17時までに食べ終える。 12時に食べ始めたら20時には食べ終える。 とにかく16時間なにも食べない状態を作ることが重要になってきます。

えのきダイエットは冷凍で効果アップ!方法と3つの効能とは?

えのきの栄養素がダイエットに良いという事で、えのきダイエットが話題になっています。 食事でもよく使うえのきですが、簡単に調理出来て手軽に手に入るのでダイエットになるのは嬉しいですよね。ポイントは3つの栄養素とその成分を最大限に引き出す保存方法。 ぜひチェックして実践してみましょう。

ファスティングダイエットの方法とは?実践前の準備期間が大事!

ファスティングは、日本語でいうと断食療法や断食療養法となります。 短期間の間、断食を行い体内環境をリセットする事を目的としたダイエットです。 その効果としては、余分な体脂肪を燃やし、体内に蓄積された老廃物などを排出し血液の循環を改善する事でむくみの解消になるなどです。

海外セレブも実践!5:2ダイエットの方法と断食中のおすすめレシピ

5:2ダイエットは、簡単に言えば断食に近いダイエットですが ただ断食とは違い、1週間のうち断食する期間がたった2日で済み その期間全く摂れないのではなく、カロリーを通常の1/4に抑えると言ったもので (男性なら600kcal・女性なら500kcal) 残りの5日間は好きな物を食べる事が出来るというダイエット法です

ランニングダイエットの効果的な方法-距離やスピードより時間が大事!

ランニングは距離より時間です。 脂肪燃焼は20分以上からしか起こらない為、20分はランニングする方がいいのですが 初心者の方がいきなり20分も走ってしまうと、まず続かないです。 次に、膝などを痛める危険性もある為、いきなり20分走るのではなく 慣れてきたら時間を増やしていきましょう。

ロングブレスダイエットの正しい方法と気になる効果と実践期間は?

ロングブレスダイエットは、その名の通り長い呼吸をゆっくり繰り返す事です。 長い呼吸を、ゆっくり繰り返すだけでインナーマッスルを鍛える事ができるので 内臓脂肪を燃焼し、それによりウエストが痩せたり 腰痛の原因である脊柱起立筋を鍛えてくれるので腰痛予防もできます

即効性あり!もやしダイエットの方法とレシピ!きゃりーも実践で話題に!

個人差はありますが、1週間で1.5~2kgの減量に成功するように、もやしダイエットの効果は、何と言っても「スピード」です。 大体のダイエットは、効果が出るまでに時間がかかり、その間に挫折してしまう事も多いですが、もやしダイエットは減量するスピードが早いためダイエット励む人のやる気に繋がります