ドローイングダイエットを効果的にする方法と回数の目安は?

ドローイングダイエットはお腹を引っ込める運動の事ですが深呼吸のような胸式呼吸をするのではなく腹式呼吸でする事がポイントです。 ドローイングとは日本語で息を吸う・引っ込めるという意味があります。その為ドローイングダイエットとは、息を吸いながらお腹を引っ込めるダイエット法となります。

腸内細菌とダイエットの関係!痩せる細菌を増やせばカロリーの吸収量が減る!?

善良菌の代表である、ビフィズス菌や乳酸菌は実は痩せる細菌と呼ばれており、痩せている体質の方に多く存在しています。この菌を増やす事で、カロリーの吸収量が減ったり、体脂肪・体重の減少効果を得られますがこれ等の効果はマウスを用いた実験で科学的に実証されています。 逆に少ないと体重が増加してしまうのは、カロリー

体幹を鍛えることによるダイエット効果とは?トレーニング方法により部分痩せも!

体幹は、体の軸になる部分であり、背骨、骨盤、肋骨、肩甲骨などにあたります。 体幹トレーニングは、体幹の近くにある筋肉(インナーマッスル)を鍛える事で 基礎代謝が高くなり痩せやすくなります。 インナーマッスルは、体幹である背骨などを支えている為、常にエネルギーを消費しています。

サウナスーツの効果的な使い方!絶対守ってほしい注意点とは?

サウナスーツを着用する際は、有酸素運動と合わせて使うのが効果的です。 20分以上続ける事で脂肪が燃焼しだす有酸素運動ですから、もちろん長時間続けますよね。 それにより自然と体温が上昇し、汗をかき続けられるので サウナスーツを着用する事で、より効果を上げる事が出来ます

ランニングダイエットの効果的な方法-距離やスピードより時間が大事!

ランニングは距離より時間です。 脂肪燃焼は20分以上からしか起こらない為、20分はランニングする方がいいのですが 初心者の方がいきなり20分も走ってしまうと、まず続かないです。 次に、膝などを痛める危険性もある為、いきなり20分走るのではなく 慣れてきたら時間を増やしていきましょう。

停滞期を攻略するカギはホメオスタシス効果と計画性にあり!

私たちの体は、普段食事を摂って栄養にしていますが ダイエット中だからと、食事料を控えめにして、基礎代謝より少くなくすると 体は、飢餓状態と判断し、餓死から逃れる為に防衛反応を起こします。 この防衛反応こそが、食事の吸収を普段よりよくする上 消費カロリー(基礎代謝)を抑えてしまいます。

ロングブレスダイエットの正しい方法と気になる効果と実践期間は?

ロングブレスダイエットは、その名の通り長い呼吸をゆっくり繰り返す事です。 長い呼吸を、ゆっくり繰り返すだけでインナーマッスルを鍛える事ができるので 内臓脂肪を燃焼し、それによりウエストが痩せたり 腰痛の原因である脊柱起立筋を鍛えてくれるので腰痛予防もできます

ダイエットするならウォーキングから!正しい方法と消費カロリーは?

有酸素運動の代表格であるウォーキングですが、単に歩くだけと思いの方もおられますが 実は、ただ歩くだけではウォーキングにはなりません。 ウォーキングでダイエットされる方は、やり方を守らないと 疲れるばかりで効果を実感できず結局続かない…なんて事も、よくあります。

抹茶が海外セレブに大人気!驚きのダイエット効果と正しい飲み方!

お茶に含まれている「カテキン」は脂肪を抑える上、デトックス効果も高く「カフェイン」は脂肪を燃焼する効果があり、内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼してくれます。 抹茶に限っては、それ等の成分が他のお茶より、たくさん含まれている上、ポリフェノールやビタミン、ミネラル、食物繊維等も含まれています。

ダイエットするならカリウムは必須!特徴と効果を知ってダイエットの効率化に!

カリウムには利尿作用があり、むくみの原因となる塩分を体外に排出してくれるのでむくみが解消されます。 利尿作用が高まると、不要な老廃物(ナトリウム等)を排出する事が出来る為、新陳代謝が高まり脂肪燃焼や冷え性改善などに効果があるとされています